1日遅れの鈴鹿入り。

今日より僕の仕事場となる、僕はプレスルームと呼んでいる鈴鹿サーキットのメディアセンターだ。知っている顔が多くいるのは、取材歴の長さによる

昨日から入る予定だった鈴鹿サーキットに、仕事の波に負けて今朝入った。プレスルームはすでに多くのメディアが入り、ごった返している。さあ、いよいよ夏の祭典『鈴鹿8耐』の取材が始まった。

 

初めて取材に来たのは1999年のことだった。おーっ、まだ20世紀だよ。右も左もわからないサーキットで、買ったばかりのカメラでバイクを追い続けた。以来、1度だけイベント仕事がぶつかってしまい欠席したことがあるが、取材20周年イヤーであり20回記念となるのだ、パチパチ。そのメモリアルイヤーが過去にないほどの盛り上がりを見せているのは、勝手ながら僕は持ってるなとニヤニヤしてしまう。

 

10年ひと昔といったのはもう過去の話で、今や1年ひと昔と言いたくなるほど時間の流れが早い。その早さに人の心がついていけないからだろう、社会に嫌な話が増える一方だ。じっくりと時間をかけなければ心に染み込んでいかないことは、現代社会でも多々ある。そこと実際に過ごしている毎日との乖離が、人をますます不安にさせてしまう。そうして、乾いた毎日を送ることをまるで強要されているかのようだ。

 

『鈴鹿8耐』はここ近年お客さんを取り戻している。本質の感動がここにあるからだ。バイクブームが去って『鈴鹿8耐』も動員は落ちるところまで落ちた。そこに客寄せパンダのようなコンテンツで対策したものの、全く効果は上がらなかった。しかし昨今は、レースをまっすぐに伝えることに努力したきた。そもそも、8時間を戦う姿にはいつの時代でも変わらない感動があり、20年の取材歴を振り返ってもそれは変わらないのだ。こうして、人の支持を取り戻していることがうれしくてならない。明後日の夜7時半、どんな感動を連れてきてくれるのだろう。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*