今年もチームワーク抜群!! ヤマハライダーが2019 鈴鹿8耐への意気込みを語る

7月24日(水)〜25日まで2019年鈴鹿8耐の公式テストが開催され、5連覇を狙うヤマハファクトリーレーシングチームのライダー3人が決勝に向けての意気込みを語った。

ヤマハファクトリーレーシングチーム

中須賀克行選手、アレックス・ロウズ選手、マイケル・ファン・デル・マーク選手の3人が組むのは今年で3回目。初年度からチームワーク抜群だが、今年もそれは変わらず。なお、ファン・デル・マーク選手はスーパーバイク世界選手権にて転倒。ケガを負ってしまったが手術をして回復し、本人いわく「え? ケガ? なんのこと??」と冗談を言いながら「体はもう大丈夫。調子はよく、僕はこの鈴鹿8耐に戻ってくることができてうれしい」とコメント。中須賀選手もロウズ選手もこのメンバーで戦えること、そして5連覇を果たしたいという。

「事前の体制発表会で、220周としないと勝てないという話がありましたが、それを目指していくと走行もピット作業も、1秒たりともミスは許されません。そこはプレッシャーですが、ライダーもスタッフたちも優勝という目標のため一丸となっています。チーム全員力を合わせて、表彰台の真ん中を目指します」
と中須賀選手。全日本ロードレース選手権の前半戦は空回りすることもあったそうだが、マシンのセッティングなどもいい方向に進んだという。ロウズ選手は「鈴鹿8耐、そしてこのチームで走れることは光栄。そして僕たちが一番速い。今年もこの3人で勝つよ」。ファン・デル・マーク選手は「勝ちたいという気持ちは毎年同じ。今年のレースに集中して、優勝を目指すよ」

ヤマハテック21カラーのツナギをまとい、5連覇へ向け発進したヤマハファクトリーレーシングチーム。本日7月26日(金)は公式予選が行なわれる。その様子もレポートするのでお楽しみに。

ヤマハ発動機 鈴鹿8耐スペシャルサイト

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。