歯磨き粉ジプシーに終止符か?の巻

以前、歯磨き粉ジプシーで洗面台の上が大変なことになっている…というお話しをしましたが、ひと月ほど前にある歯磨き製品と出合って、このジプシー生活にピリオドが打たれるのでは?という予感が走る今日この頃です。

その歯磨き粉は、スマイルコスメティックの「ホワイトニングペースト トラブルケア」という製品。一見歯磨き粉には見えないポンプ式のパッケージで化粧品ようですが、これがなかなかいいんです! このホワイトニングペーストシリーズには、口臭予防効果のあるノーマルタイプと、知覚過敏をケアするセンシティブタイプ、そしてこの歯周病を防ぐトラブルケアタイプの3種類(もう1種類、違うパッケージ形状のエイジングケアもあり)があるのですが、以前お話ししたように「ホワイトニング」と「歯周病予防&ケア」を両立させる歯磨き粉ってありそうでなかなかないんです!その結果あんなことになってしまっていたジプシーにとっては、救世主の登場と言ってもいいほどの出会いでした。

なんといっても、中身はジェル状で歯全体にいきわたりやすく、泡立ちが控えめなのでゆっくり時間をかけて磨くことができます。私は電動歯ブラシ派ではありませんが、電動歯ブラシを使っている方にもとても使いやすいのではないでしょうか。ポンプ式という形状も衛生的でとても気に入っています! 「イオンクレンジング成分」でホワイトニング、「自然由来の甘草成分」で歯周病ケアというダブルの効果がこれ一つで実現できるんです。

ご存じのように、歯肉炎が悪化し歯周炎になってしまうと、歯を支える歯槽骨が溶け出してしまい、歯を失う大きな原因となります。考えただけでも恐ろしいです…そんな歯周病を防ぐには、歯周病菌がたまりやすい歯垢を除去することが何より肝心! この「ホワイトニングペースト トラブルケア」には歯垢除去する含水ケイ酸や、歯茎の炎症を防ぐβ-グリチルレチン酸配合でしっかり歯周病をケアしてくれます。「イオンクレンジング成分」によるホワイトニングは、歯の表面を研磨するのではなく、イオンの働きで蓄積されたくすみを浮かせて落としやすくするというメカニズムなので、歯や歯茎に負担をかけずに毎日使えるホワイトニング歯磨きです。「たった一度の使用で劇的に真っ白!」というものではありませんが、ず~っと使い続けているとあれ?なんか歯が白くなってきた!というのを実感できるのがいいです。

今の時代、お金と時間をかければ歯を白くすることはできますが、そうそうお金もかけられない…でも歯のくすみは老けて見られる原因にもなるし、やっぱり「白い歯っていいな!」(懐かしいCMコピーですね)はいつの時代も同じ。年齢を重ねるほどに弱ってくる歯茎も何もしなければ、衰える一方で、その先は「入れ歯」が待ってますよ! そうならないためにも毎日何気なくしている歯磨きを今一度意識してみてはいかがですか?

ちなみに、歯磨き粉はジプシーでしたが、歯ブラシはずっとこれなんです。山切りカットのビトゥイーン、超コンパクトタイプのやわらかめ!これをいつもまとめ買いして、2~3週間毎に毛先が開きそうになったら換えるようにしています。これ安いんですよ、めっちゃ(笑)。なので惜しげなく取り換えられます! 毛先が開いた歯ブラシでは、当然磨き残しの原因になりますから、歯ブラシは最低でも一ヶ月に一回は必ず取り換えましょう。虫歯の日(6月4日)やいい歯の日(11月8日)など、歯の記念日はいろいろありますが、歯=8ということで、毎月8日を歯ブラシを取り換える日に決めると忘れずに済むかもしれませんね。

ホワイトニングと歯周病ケア、どちらも叶えてくれるこの歯磨き粉は当分手放せない存在となりそうです! 値段は1,300円ほどと、特別高いわけではありませんので気になった方はこちらのサイトをご覧になってみて下さい。

昨年親知らずを抜いてから1年経ちました。抜いたあとはさすがにまだ完全にはふさがっていませんが、さほど問題なく過ごしています。今年は「8020運動」が提唱されて30年の節目の年だそうです。歯や口内の健康は、身体の健康に直結しますから、あらためて「80歳で、白くて健康な自分の歯20本!」を目指しましょう!

『昭和40年男』定期購読のご案内
『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。