焦るっ、昭和40年男!!

「明けましておめでとうございます」と、昨日はオートバイレース関係団体の新年会だった。僕の持論では節分までの乾杯は新年の挨拶をしてよくて、さらに立春を過ぎても年のお初になる方との酒席では「大変遅ればせながら」と、持ち出すことがある。どこまでもお正月を愛する僕の流儀だ。

 

大騒ぎで迎えた新年の早くも1ヶ月が過ぎてしまった。目標に対してみなさんはいいスタートダッシュができただろうか。僕は今年も相変わらず欲張りな目標を立てて、達成率が低い月だった。とはいえ、全般いいスタートダッシュになり、気持ちよく新しい月を迎えられる。来月は28日しかなく、そのまんま集中してがんばらないと山積した仕事に飲み込まれてしまいそうだ。今現在も、去年の8月から展開している偶数月発行の総集編が佳境を迎えていて、この後も怒涛のごとく締め切り作業が続く。ありがたいことだ。

 

写真は僕の住む街から見える日の出で、残念ながら今年の元旦は見ることができなかった。多くの方が集まっていたのに残念そうに帰っていったが、ならばと2日に飼っている犬っころと仕切り直した。見事にこのように見えて、今年の抱負を誓い太陽のように燃えたぎった。あの瞬間からすでに1月ということなのだ。早い、早すぎる。これじゃー、あっという間に還暦だぜ。そう、還暦上等プロジェクトを立ち上げなくてはならぬなんて焦りも今感じているところだ。

 

大きな反省点は、インプットが足りていないこと。『西郷どん』の最後5話ほどがまだ残っている。古くは『重版出来』がいつでも見られるようにとハードディスクに置きっぱなしで、さらにはお昼のドラマ『越路吹雪物語』も、まだ半分くらい残っている。あっ『ボヘミアン・ラプソディ』を観ていないじゃないか。ウギャーっ、楽しみにしていた『ムンク展』は終わってるーと、ダメダメな状態だ。読書も今月は1冊も読めていない。と、来月に向けて要調整だな。焦りの月越えである。みなさんはいかがでしょう? らいげつも気合いを入れてがんばりましょうね!!

『昭和40年男』定期購読のご案内

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。