忌野清志郎が教えてくれた~大編集後記。

新年一発目の勝負が始まったばかりだ。平成31年から新元号に変わる今年を占う1冊は、粋でいなせな生き方を取り戻そうと企画した。スピードが増すばかりの社会に押しつぶされそうになって、ついつい焦ってしまうことがある。そんな時、やせ我慢が崩壊した行動に出てしまうことがあり、ものすごく後悔したりする。要するにまだまだ人間が練れていないのだ。新年号ゆえ、そんな自分へ戒めも込めて作った。

 

忌野清志郎さんには多大なる影響を受けた。うんうんと頷いている方は多かろう。逆にまったくかすらなかったという方も少なくなかろう。そう、好き嫌いがハッキリ出る存在だ。僕の友人はくさやの干物と呼んだ。言い得て妙な表現じゃないか。慣れるのに少々時間がかかるが、慣れてしまえばこんなにうまいものはない(って、僕はくさや食えません)。

 

そんな清志郎さんのページタイトルは“ロックはつらいよ”だ。シャイでナイーブな方だったと聞く。なのに、世の中の不条理に対してとことんエネルギーを使い、そのパワーこそがロックそのものだった。出会ったのは高校生の時、深夜のテレビで毒々しく演奏するRCサクセションの姿と清志郎さんの声に、それまで知らない世界を見た気がした。情報を探るとハマっている奴が実は多くて、レコードを借りたりあれこれ教えてもらいながら夢中になった。洋楽と出会い、ギターを弾き始めるとハードロックこそがロックなんだと傾倒した。そこから卒業させたのがストーンズであり、オーティス・レディングであり、そしてRCサクセションだった。ライブにもなんども通った、僕にとって大き過ぎる存在だ。

 

ご覧のページのメインで使われた写真は新宿ロフトの写真で、僕が中2の12月のライブとのことだからまだRCを知らないころだ。奇抜なファッションと鋭い眼が清志郎さんらしくてすげーかっこいい。後ろのチャボさんもかっちょよくて、この1冊は僕の宝物になった。と、そんな最新号をぜひ、よろしく!!

『昭和40年男』定期購読のご案内

1件のコメント

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。