東芝『もちっ子』発売! 昭和49年「俺たちの昭和歌謡」をYouTubeに公開いたしました。

こんにちは! 昭和37年女こと、編集部のまつざきです。

木曜夜9時恒例の「俺たちの昭和歌謡」、昭和49年を昨夜公開いたしました。この年はホンダ『ローラースルーGOGO』が発売されて、新種の乗り物に昭和40年男たちも大喜びでした!

そしてもうひとつ、画期的な電化製品が登場しました! 東芝『もちっ子』です。 価格は2万3,800円で、いつでも手軽に家庭でお餅が作れると大人気商品となりました。青森の実家にもありましたが、餅つき機と言いつつ、実際は餅こね機でした(^-^; 杵と臼でついたお餅と比べると「のび」が悪いなどとも言われていましたが、子供にとっては十分おいしいお餅でした! なんと言っても、出来たてのお餅は最高!

そして今もある、三立製菓の『かにぱん』! これってそんなに昔からあったんですね。もともとはタコ、ウサギ、パンダ、ボウリングのピン(?!時代ですな~)などさまざまな形があったのだそうです。なかでも、いちばん人気だったのがこのカニ。足の形にそって、きれいに分けて食べられるのが楽しかったからでしょうか? 今でも、コンビニなどでよく見かけますね。堅すぎず、やわらかすぎない、独特の食感があって、時々食べたくなります(笑)

昭和49年発売当時の『かにぱん』今もあまりパッケージのデザインが変わりませんね。

こんなモノたちが発売された昭和49年の歌謡シーンは、どんな曲で盛り上がっていたのでしょうか? いつものように編集長・北村と歌謡曲BAR「スポットライト」オーナー・安東氏がわがまま勝手にマイベスト3を語り合います!

YouTube「昭和40年男」公式チャンネル、チャンネル登録もよろしくお願いいたします<(_ _)>

『昭和40年男』定期購読のご案内
「コブラ」40周年記念フレーム切手セット|郵便局のネットショップ

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。