カップヌードルの衝撃!!

最新号は手に取っていただけただろうか? パラパラとめくれば特集から狂気を感じていただけるはずだ。てなわけで(!?)、発売直後の今日も思いっきりPRをさせていただく。

昭和40年男たちなら誰もが衝撃を受けたはずだ。カップにお湯を注ぐだけで、エビやら肉まで入ったヌードルになるというテクノロジーに。当時の僕は「チキンラーメン」の存在を知らず(タメ年諸氏には多いように感じる)、鍋にかけないというのは魔法に極めて近かった。お袋なんざ「沸かさないと殺菌できない」といきなり拒否したから、我が家にカップ麺がやってくる日は遠いことを感じさせた。そもそも当時の100円は高すぎる。

 

ソロバン塾に通っていたある日のこと、塾の近くにある駄菓子屋で金持ちの友達が「ニュータッチヌードル」を食っていた。高値のカップ麺に小学生の分際で手を出したことと、蓋にフォークが収まっていたことにまたも驚愕である。このフォークは「なんちゅうおしゃれな」と、子供心を揺らすだけ揺らした。しばしの時間を待った後、寒い空気の中を湯気が立ち上る。立ったまま食い始めた金持ちを、ただ呆然と眺めるだけの電気屋の小倅だ。あの日のことは、今も鮮明に蘇ってくる。それほどの衝撃だったのだ。

 

やがて小金が使えるようになりカップ麺人生が始まるわけだが、今では信じられないほどよく食った。毎日ように食いまくった。新しいカップ麺にも貪欲に取り組んだわけだが、今に至り僕の好きなカップ麺といえば「カップヌードル」「カップヌードル カレー」「ペヤング」「きつねどん兵衛」「ホームラン軒」あたりで不動だ。最近はほとんど食わなくなったが、ついついやっちまうのが出張先の寝酒時である。クライアントと、食うのはそっちのけで議論しながら飲みまくる。別れると腹が減っていることに気がつき、コンビニに寄っちまうのだ。これじゃ身体にいいわけないよ。とスーダラ節を歌いながらチープなホテルですするカップ麺ほどのご馳走はない。わかっちゃいるのだが、やめられないのだ。

 

って、PRだよ。ご覧いただいているページの後にさらに見開で展開したこのコーナーは、カップヌードルの歴史を綴ったカタログである。興奮間違いなしだから、いざいけ〜書店へと!!

 

   

『昭和40年男』定期購読のご案内

1件のコメント

  1. “カップリーナ”も入れていただきたかった。。。尾崎紀世彦さんのCMでした。味はカップスターに近かったような。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。