俺たちサッポロ一番が好きだ!!

台風騒ぎが落ち着いたばかりの一昨日の晩、読者の集い『浅草秘密基地』をいつもどおり元気に開催した。2週連続で月曜日が旗日で、次週も赤いからさぞ賑わうこと期待したが、結果はご覧のようにごくごく少数での開催となってしまった。台風疲れが残ったためだろうと笑い飛ばした僕で、再来週はドッカーンと集まるはずだ。

 

さて、この日盛り上がった話題はインスタントラーメンだ。ガキの頃愛した味をテーマに話は展開した。ガキの頃となるとカップラーメンはまだ手が届かない高嶺の花だった。自分で買うなんてとんでもなく、母ちゃんの財布を緩める力はない。鍋で煮ないと体に悪いという思い込みが、親世代にあった。そして母ちゃんは野菜が入っているからと正当化できるから、思い出の味は断然袋麺ということでおおむね意見は一致した。

 

それではどのブランドを愛したかと話が及ぶと、真っ先に出てきたのは『サッポロ一番』だった。しょうゆの誕生が丙午の俺たちの1個下だ。やがて味噌、塩の3種がラインナップされ俺たち定番の味となった。ここで人気だったのは味噌だ。味噌ラーメンの初体験はサッポロではなかろうかと話は展開された。ちなみに僕は塩が好きで、水を半分にして粉末スープを少なくした塩焼きそばもたまらない。

 

そして話は王者に立ち向かうブランドに及んだ。ここでは『チャルメラ』と『出前一丁』となり、三つ巴に対する議論が展開された。『チャルメラ』と『出前一丁』は、双方キャラクターの存在感が大きい。味も好みとのことで、結局のところ『サッポロ一番』の味噌と『チャルメラ』が人気を二分した格好で話は終結。実に白熱した議論が展開された。そして一つ疑問を投げかけた。「『チキンラーメン』はどうだ?」と。元祖インスタントラーメンだが、この日集った誰もがガキの頃に食ったことがないとのことだった。さてさて、NHKの連ドラのテーマになった日清のオリジナルだが、皆さんはどう接していただろう。地域や年齢によって付き合い方に大きな差異があるのではなかろうか。今後少しずつ検証していきたいところで、皆さんのインスタント体験をぜひ教えていただきたい。

 

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. kaiさま
    「出前一丁」のゴマラー油は唯一無二の味がするんです。最近はあまりラーメン自体を食べなくなりましたが、私は、スパイスが美味しい「チャルメラ」&ゴマラー油「出前一丁」派でした(昭和37年女)

  2. 私は昭和42年男ですが、小さい頃からサッポロ一番の「味噌」「えぞ味」「ごま」が3トップでした。
    えぞ味はもう売ってませんが、ごまは数年に1度は見かけるので食べてます(当時とは若干味が違いますが)。
    味噌は50年近く食べてもまったく飽きませんし、他社の乾麺も色々試しますがやはりサッポロに戻ってしまいます。
    「ごま油」を味わいたくなった時は出前一丁もたまに食べる時もあります。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。