昭和な中華そばを探せ!!

このブログで大人気(ウソ)の“昭和な〇〇を探せ”といかせていただく。今日はちょっとハードルが高いぞ〜。だってね出張先からのネタですから。

初めて訪れた新幹線の徳山駅前のネタである。山口県だよ。残念ながら仕事と合わせて4時間ほどの滞在で、せっかくこんなに遠くに来ているってのに何も見聞を広げるようなことができなかったのは残念ながら、1杯のラーメンが僕を幸せにしてくれたのだ。仕事まで若干の余裕がある12時過ぎに徳山駅に着き、せめて昼飯だけでも山口県らしいものと探したがまったく見つからない。駅前商店街はお世辞にも賑やかとは言えず、食えそうなところすら見つからずに途方に暮れていたところに飛び込んできたのは中華そばの文字だ。ご覧の通り外観はバッチリで、ショーケースがまたいい味を出していた。「これだっ」と入ると作られたものでない、リアルな昭和が僕を興奮させた。テーブルが3つの狭さもナイスだ。

「中華そば」をください。ご夫婦だろうか。おばちゃんの腰が曲がっているせいで、年齢が高いように見える。でも親子じゃないだろうななんて考えながら、中華そばを待った。笑顔の素敵な旦那がほんの数分で写真の一杯を運んできてくれた。この笑顔も作られたものでない。

いただきます。うーん、普通な昭和味である。東京のスッキリ系とは違うが、とても優しい味の醤油ラーメンだ。食べていると常連さんのカップルが入ってきて旦那が「今日はどうしましょう」と聞く。この“今日は”という響きがまた心地よい。大満足の昼飯を済ませて仕事現場へと向かったのだった。

さあ、ではこのコーナーおなじみの不親切ガイドだ。駅の北側で商店街を探せ。以上、健闘を祈る。長州っこから投稿があったら嬉しいなあ。

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. 僕元々地元は山口県です、徳山は小さいときから大阪に出るまでほぼ毎週通った街です。
    当時は近鉄百貨店、ニチイ、ダイエーなど賑わっていましたが今は……
    ここは中央街のかすのやですよね?
    徳山は第2スターなど細麺の醤油が結構多いです。
    この店のもう少し東側のまつき食堂も同じような中華そばです。西側にはキレンジャーにオススメの昨年移転し300円の銀南カレーもあります。(移転してオシャレになりましたが当時は250円昭和なカレーでした)

    新幹線は止まりませんが岩国駅前の寿栄広食堂のラーメンもオススメです。

    • ありがとうございます。徳山の昭和なグルメガイドになりました。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。