衝撃的な臨時増刊。

IMG_4520「書店に出かけたらこんな本があってビックリしたよ」

今日は日本中でそんな騒ぎになっていることだろう(笑)。創刊2号からの連載企画で、創刊号ではそのままのタイトルで巻頭特集とした『夢、あふれていた俺たちの時代』を1冊にまとめて、去年の暮れに打ち込んだ。昭和46年から48年までのものを発行したところ好評で、本日めでたくvol.2のリリースとなったのだ、パチパチ。前号の続きとなる、昭和49年から51年までがギュッと詰まっている。先月、ヤマトの表紙でみなさんを驚かせたばかりだというのに、まったく罪つくりな俺たちである。

僕が担当した企画やライティングしたページなどなど、あの日の苦労と喜びが鮮やかにフラッシュバックする。みなさんにとっては実際に見てふれたモノや出来事など、あの日を思い出してニヤニヤする1冊だろう。懐かしさだけでなく、明日への夢と元気をもらえるのは『昭和40年男』本誌と同様だ。創刊2号からすべてコレクションしている方にはまったく必要ないが、読者さんに聞くと最近読み始めた方が多い。ありがたいことに、そんな方々よりバックナンバーが欲しいとの声をよく聞く。その声に押されてこの総集編の発行に踏み切ったのだ。ぜひ、書店で手に取って頂戴。

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. Vol.1も買ったが、定期号に比べて値段が高い。
    紙も厚さもいっしょくらいなのに…。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。