編集長のつぶやき

母校よりの便り。

実家に帰ったときにお袋より「あきひろっ、なんか来てたよ」と渡されたのは、高校の同窓会会報だった。「へーっ、もう卒業して30年以上経つのにたいしたもんだ」と開くとトップページはこの会が100周年を迎えて祝賀会が行われるとの

編集長のつぶやき

人生とは究極の選択の連続である。

なんでこの写真でこのタイトルだと、きっとみなさん「?」だろう。いや、このブログ読者のみなさんだから「なるほど」とすぐに手を打った聡明な方ばかりかもしれん。そう、もりとかけが選べて悩むのである。夏ならまず間違いなくもりだが

編集長のつぶやき

春よ来い。

「異常ですよね」と今年の気候をさして何度も交わされている。風が強い。寒すぎる。あたたかいなどなどと、めまぐるしい。確かに異常ではあるが、確実に春は近づいている。先日寄った居酒屋では国産のコイツがラインナップされていて、一

編集長のつぶやき

ホッケと立田揚げ。

タメ年男とランチ打ち合わせでのこと。全メニュー均一価格で僕は鳥の立田揚げ定食で、相方はホッケ定食だった。全席タバコが吸える店で、みなさんプカーッとやっている。我々も元スモーカーだからあまり気にせず、打ち合わせを続けている

編集長のつぶやき

二十歳のとき、何をしていたか?

フーム、いい特集である。あらゆる方面の人間を引っかき集めているのはさすがマガジンハウスのパワーだ。じっくり楽しもうと保存版として手に入れた。そしてこのタイトルでしばし時空の旅に出るのは、きっとみなさんもご一緒でしょうな。

編集長のつぶやき

昭和40年男のゲン担ぎ!!

創刊は大安か友引にする僕だ。そんなだから手帳は六曜が入っているものを必ず選び、つねに見ながら仕事を組み立てる。もっとも身近なゲン担ぎである。その他にも色々と担いでしまう昭和40年男で、その集大成はお正月にたくさん詰まって

編集長のつぶやき

横浜が好きな昭和40年男。

たまに無性に歩きたくなる横浜の街に、久しぶりに出かけてきた。何度行っても異国情緒あふれる街はいい。山下公園界隈や中華街、元町などをゆるりと歩けばすっかりオシャレ人間になった気になれる。この日はカラオケで『横浜ホンキートン

編集長のつぶやき

喜寿のお袋を祝うバカ兄弟!!

今日はお袋の77歳の誕生日だ。一緒に祝ってやろうと『浅草秘密基地』に弟が誘いにきた。といっても、終了後実家にそのまま泊まって朝飯を3人で食おうという、喜寿にしてはショボイお祝いだが…。後日キチンとみんなで盛大にやろうと言

編集長のつぶやき

博多っこたちよ、立ち上がれ。

今日は毎週月曜日のお楽しみ『浅草秘密基地』だ。最近はコンスタントに10人前後が集うようになっていて、初参加者もチラホラ来てくれてうれしい限りだ。ぜひお気軽にお越しください。 さて、先日『第4回 福岡博多秘密基地』の開催を

編集長のつぶやき

ショーケンのDVD。

僕の人生において(ちょっと大げさ)、邦楽でもっとも多く聞いたアルバムはショーケンのライブ『シャンティ・シャンティ』だろう。2枚組は10代の財布に厳しかったが、清水の舞台から飛び込み手に入れ大切に聴き込んだ。大人になってC

編集長のつぶやき

若者よ飛べと涙する昭和40年男。

昨日は兵庫県の明石で、『KRP三陽工業&RS-ITOH体制発表会』なるイベントがあり出かけてきた。バイクレースの話がこのブログでは多くて恐縮だが、僕の仕事は『昭和40年男』のプロデューサーでありながら、ウチの会社