限界を超えろ昭和40年男!!

写真 2今日のブログも、三重県の鈴鹿サーキットよりお送りさせていただく。この灼熱地獄の中で、8時間もの長い時間をライダー交代しながら競う『鈴鹿8耐』の今日はいよいよ決勝だ。僕の仕事はレースの取材とカワサキファンブースでのイベントを切り盛りする。一昨日、昨日とこの現場にいると暑さにすっかり慣れてくる。人間てのはすごいなと毎年感じさせられる鈴鹿の3日目である。

今日は予定通り行けば11時半にスタートして、その8時間後に勝負がつく。命を賭けて戦うライダー達の誰に勝利の女神が微笑むのだろう。どうしても感情移入してしまうライダーが、3年前よりバイクイベントの仕事をするようになり、去年今年とレギュラーでトークショーを展開している渡辺一樹選手と、もうかれこれ15年以上のつきあいになる柳川明選手が組んで参戦する『チームグリーン』だ。去年は転倒があり、完走したものの12位という残念な結果に終った。今年こそ表彰台、そしてその真ん中を目指してほしい。

最初の写真と似てる(!?)けど、こっちはシケインから最終コーナーへと向かうスリリングな場所だ
最初の写真と似てる(!?)けど、こっちはシケインから最終コーナーへと向かうスリリングな場所だ

もう1つ注目のチームが、柳川さん同様に付き合いが15年以上になるタメ年男、鶴田竜二が監督を務める『エヴァRT初号機TRICK STAR
』だ。こちらは優勝候補の筆頭というわけでないが、耐久には精通しているベテランチームで、ライダーもミスが少ない選手が3人揃った。『鈴鹿8耐』はトラブル無しで完走することがとてつもなく困難なレースなので展開次第では入賞、ひょっとすると表彰台ということも十分にあり得る。「いいレースにしますよ」と自信を見せた昨日の鶴田だった。

レースも人生もコツコツと努力を積み重ねた者が勝つ。ただそれでだけで勝てないことも同様だ。僕は40代最後の大仕事を今日こなすことがひとつの努力だろうから、去年以上のイベントに仕上げることを本気で目指す。レースと同様にペース配分をうまくやらないときっと最後までもたない。でも力を込めなければ感動はない。ともかく限界が見えるところまで追い込んでやろうと思う。昭和40年男の挑戦となる日曜日だ。

6件のコメント

  1. 暑い中お疲れさまでした!
    初めて、予選日(金曜日)からの感染。そして前夜祭は泊まり込みという
    この年にして、鈴鹿8耐を満喫した3日間でした。
    雨は1滴も降らなかったし。ジャンケンで男カワサキTシャツ黒をいただくし
    楽しくて仕方がなかった。
    来年が、また楽しみです。

    • 同い年さん、ありがとうございます。
      3日間お疲れさまでした。来年またお会いしましょう。その時には声をかけてくださいね。

  2. お疲れ様です。
    いいレースになりそうだなぁ〜(^^)
    今日は日中外出するのでテレビ観戦できませんが、帰宅したら録画を1耐くらいに早送りして見ます。
    熱中症に気をつけて頑張ってください!

    • ca-niさん、ありがとうございます。ビデオ観ていただけましたか? ヤマハが驚愕の強さでした。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*