昭和40年男の初体験。大相撲観戦レポート。

写真 3ずいぶんと人生を積み上げてきたのに、まだまだ知らない世界がたくさんある。できるだけ積極的にふれていきたいと、50歳が見えてきてそんな気持ちが一層強くなってきている。その一方で、古くから伝わる日本の伝統的な物事への興味が、年齢ごとに強くなっている。双方バッチリと相まって昨日出かけてきたのが両国国技館だ。大相撲夏場所の14日目を観戦してきたのだ。

クライアントでありながら、仕事や人生の師匠とも呼べる先輩と観戦することになったのは、たまたま呑みに出かけた店で相撲中継に出くわしたから。ここ近年興味を持っている僕に対して、相撲を知り尽くした先輩は取組ごとにその深さを教えてくれた。これが実に楽しい。生で一度見たいと思っていたところだから一緒に行こうと誘い、昨日がその日だった。

JR両国駅を降りるともうそこからお相撲一色で、人の波が国技館へと続いている。色とりどりの力士ののぼりが風に泳いでいて、雰囲気もバッチリ。今回はタメ年の相撲通の友人からのススメで、イスA席を取った。憧れの枡席は狭いとのことだったが、なるほど大人4人で座るにはかなり狭い。贅沢に2人で見る分にはいいだろうが、1人当たりコストを考えるとちょっと財布に厳しい。今回の席、8,500円も決して安くはないが、見やすくていい席だったぞ。

入場したのは2時前で、まだお客さんの入りは3割程度だ。まったく知らない力士たちの取り組みながら、その迫力に十分すぎる価値を感じながら見入っていた。少ないお客さんだが、こんな時間から入っているのだから、きっと相撲通の方々なのだろう、力強い声援が飛んでいる。撒く塩はなく、短い仕切りでテンポよく取組は進んでいき、やがて十両力士たちの登場となる。ここには知っている名前もチラホラあり、そしてさっきまでとのレベルの違いを知らされる。当たりの激しさや、腰の重さが雲泥の差なのだ。十分にすごさを味わいながら楽しんでいたのに、まるで前座だった。そしてこれからどんどん強い力士が登場していくのだ。どうなるんじゃと軽い思考パニックを楽しみながら、一番一番を味わった。ビールをチビチビと楽しみながら、その軽い酔いが興奮に拍車をかける。見に行ったら必ず一杯やりながら楽しみましょう。

午後4時近くになるといよいよ幕内力士たちが登場する。まずは力士たちの土俵入りと3横綱による土俵入りだ。横綱の美しい所作に心の底から感動がこみ上げてくる。この感覚が僕をますます日本伝統ファンにしていく。歌舞伎を初めて生で見た時の感動と同じで、歴史が練り上げた美しさに心が全体で喜んでいる。

気が付けば広い会場はお客さんでいっぱいになっていて、その興奮は一番一番あがっていく。声援がどんどん大きくなっていき、いい勝負には割れんばかりの拍手が送られる。僕も先輩も手が痛くなるほどの大きな拍手で一番一番を楽しんだ。ラッキーなことに昨日は引いたり変わったりする姑息な相撲が少なく、力と力がぶつかり合ういい取組が多かった。個人的に注目していた、豪栄道と遠藤はともに勝利。結びの日馬富士・稀勢の里戦は物言いのつく微妙な一番になったが、しっかりと前に出たことで稀勢の里が勝利を呼び込んだ。贔屓の力士たちがおおむね勝利して、これもまた満足だった。

結び後の弓取り式の美しさは、熱く激しい戦いの数々が繰り広げられてきたクロージングにふさわしい幕引きとなる。当然ながらこの後は相撲談義を楽しみながら痛飲した2人だった。タメ年のみなさん、少しでも興味があったら出かけてみることをおススメする。テレビでは絶対に味わえない興奮があり、体験することできっとテレビ観戦も変わると思う。ロックのライブとまた違った興奮ながら、やはりライブはライブ、いいものだ。取組だけでなく、相撲全体を俯瞰して心に取り入れることで、日本人とは何たるかをきっと感じることだろう。ああ、また行きたい!!

2件のコメント

  1. それでは来週は日本ダービー観戦にお出で下さい。何の便宜も図れませんが・・・。

    • 日本ダービーかあ、いいですね。残念ながらイベント仕事が入っているので、来年は狙ってみようと思っています。その時は、会場とレースの楽しみ方を伝授してください。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*