【S40News!】世界初4K30p画質のウェアラブルカメラ『HX-A500』発売。

 HX-A500_02

パナソニックは、4K30p撮影に対応したウェアラブルカメラ『HX-A500』を6月12日より発売する。

この製品は、カメラ部分と本体を別筐体としたウェアラブルカメラ。民生用ウェアラブルカメラとしては世界初となる4K30pに対応し、フルハイビジョンの約4倍となる高画素化により、従来とは別次元のリアル感あふれる映像表現を可能としている。

HX-A500_01

カメラには、高速処理が可能なLSI・クリスタルエンジンPro+と、新・大型セル&裏面照射型高感度MOSセンサーを採用。これらにより、暗い場所での撮影だけでなく、手ぶれ補正機能やスローモーション機能による撮影も実現している。


傾き補正・手ブレ補正については、従来機と比較して補正エリアが約2倍に進化。傾き補正は強/標準/切の3段階から選択でき、手ぶれ補正は。より激しいブレにも対応した強力な補正機能を搭載している。

HX-A500_03

また、従来モデルにはモニターが無かったが、『HX-A500』では新たに本体部に1.5型液晶モニターを搭載している。操作はモニター下のジョイスティックで行い、画角や撮影設定などの確認を手元の本体部だけでできるようになった。

従来機に引き続きWi-Fiを内蔵し、スマートフォンやタブレットから記録映像の再生やリモート操作、SNSへのアップロードが可能となっている。また、3m/30分の防水設計、防塵設計も備えている。なお、メモリーは本体に内蔵せず、microSDカードスロットを搭載。記録メディアはmicroSDHCカード、microSDカードとなっている。

 HX-A500_04HX-A500_06HX-A500_05

『HX-A500』では従来機で別売りだったヘッドマウントとアームバンドケースが付属同梱されている。ヘッドマウントでは従来よりも装着感が向上しているとされ、装着したまま帽子などをかぶることもできるという。

総画素数は1,276万画素。静止画撮影字の有効画素数は834万画素。F値はF2.8、画角は最大約160度、最短撮像距離は約50cm。カラーはオレンジとグレー。サイズはカメラ部分が26.5 × 26.5 × 68.5(mm)、本体が59.5 × 94 × 26.7(mm)、重さはカメラ部分が約31g、本体が約128gとなっている。価格はオープンプライスで、実勢予想価格は4万2,000円前後の見込みとなっている。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*