相棒よ、悲しみがまだとまらないぞ。

2004年4月19日、ヤツが首を吊った。ちょうど10年前のことになる。今年もその日を迎えて、ヤツが好きだったアルバムを次々にかけながら、消化できない悲しみのまま夜を過ごした。ヤツとは人生の相棒と呼ぶにふさわしい存在で、約10年の月日を共にロックに捧げた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA高2の秋に、僕が中学時代から組んでいたバンドへ、ヤツは強力助っ人のように加入した。中学卒業時に、このバンドに人生のすべてを賭けようなんて青臭いことをメンバー同士で誓い合ったが、この時点ですでに3人が去ってしまい、僕はギターを弾きながら歌うスタイルのスリーピースバンドになっていた。自主ライブとライブハウスのレギュラー出演を重ねていた頃で、懸命に踏ん張っていたのだが、求めたスタイルでなくやむなく至ったカタチで、できればメンバーを増やしたいと思っていた。だが当時、次々に抜けていくメンバーに裏切られたような気持ちになっていて、だったらこのまま3人でという思いもあった。そこにベーシストの通う高校にいいギター弾きがいると聞き、入れたらどうだとの打診を受けていた。ウジウジと悩んでいたところに、あるキッカケがあった。知り合いの学祭に演奏枠が取れて、即席でメンバー4人を集めて大暴れしたのだ。バンド名を『スピロヘータ』と名乗り、いい子ちゃん学校でロックをぶちかました。このときにギターを弾いたのがヤツだ。僕はギターを弾かないで暴れさせてくれと願い出た。スリーピースバンドのフラストレーションが相当たまっていたからだ。初めてギターをまったく弾かないライブで、僕はミックになりヤツはキースになった。スティーブン・タイラーにジョー・ペリー、ロッド・スチュワートにロン・ウッドなどなど、大好きなコンビはたくさんいたが、この日僕は生まれて初めてその快感を知ったのだ。RCサクセションの『雨上がりの夜空に』で、マイクを挟んでヤツと一緒に歌った瞬間は、引き寄せた肩の熱と共に今も快感が残っている。

以来、もつれるように生きた。そして紆余曲折の末、残念ながらバンドは解散してしまい、ヤツとはほとんど会わなくなってしまった。だが年月を追うごとに、もう1度ヤツとロックがしたいとの思いが強くなっていき、2人で再結成しようと思ったそんな矢先だった。38歳の春だった。

自らが命を絶ち去られてしまったのはどうにも消化ができない。今年の命日も、なんで涙ってのは枯れないんだろうと思うほどの涙を、1人の部屋で流し続けた。

俺たち昭和40年男を取り巻く環境はつらく苦しくなる一方だ。死にたいと思ったことの1度や2度、いや10度や20度くらいきっとあるだろう。そして今、まさに死にたいと思っている方も少なくないかもしれない。だが、その死によって生涯苦しむ人がいる。親の死や病気で逝ってしまった友は、なんとか乗り越えることができるが、自殺は後悔ややりきれなさ、残った自分を責める気持ちが強く残ったままになる。そんな僕の気持ちの押しつけに過ぎないかもしれないが、自殺はどうか踏み留まってほしいと願う。

ヤツが首を吊ったホンの数ヶ月前に、偶然ながらヤツに向けたこんな歌を書き上げた。ヤツともう1度との思いが強くなっていたからこそ書いたのだが、偶然で片付けられないタイミングでこの世を去ってしまった。10年以上が過ぎた今も大切に歌っている。

Hey相棒

公園のベンチでずっとずっと缶ビールとラジオで過ごしたなぁ

そんな夜がいつまでも続くと信じていたんだ
 
18(歳)までにけりつけてやるよ俺たちの口癖だった

夢を全部ロックンロールに乗せて毎日吐き出してた
 
世間やしがらみやチョットばかりの金が

ため息増やしていつのまにか戻れなくなっちまった

昔のことさ
 
Hey相棒、調子はどうだ? 今でも吠えてるか?

あの日から別々の道俺たち歩いているんだな

Hey相棒、笑っているか? 汗かいているか?

あの日から会えない日々が随分と過ぎたな
 
突然行方くらませてそれきり何年も

時間は加速するように勝手に過ぎてく
 
俺たち出会わない方が幸せだったのかもな

すり減らすようにすべてをかけて使い果たしてしまった

傷つき泣いてたお前の心

気付かずわがままを押しつけてた気付いたときには

遅すぎたけど
 
Hey相棒、今はなにして どんな風に生きている?

何もなかったようにこの街戻って、またビール飲めたらいいんだけどな

Hey相棒、調子はどうだ? こっちは上々だ

Hey相棒、もう1度俺たちあの日に戻りてえ

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

3件のコメント

  1. 昭和40年生まれの人は本当にすごいな。

    三木谷浩史:2重価格詐欺主犯
    夏野剛:援助交際の生み親、ネット詐欺の温床であるダイヤルQ2を普及させる
    君島誉幸:君島インターナショナルを倒産させる
    宗吉敏彦:クリード創業するも即倒産させる
    草開千仁:ウェザーニューズ社長でブラック企業大賞受賞
    野口美佳:押尾事件に関与
    篠原英明:構造計算書偽造
    割方美奈子:ニイウスコーにて粉飾決算詐欺
    小川 善美:インデックスにて粉飾決算詐欺
    中川 哲也:ナウローディング不正疑惑
    嘉野敬介:メガネスーパー社長を1年たらずで首になる
    島田亨:楽天イーグルス社長。在任中は毎年Bクラス、退任後優勝
    加藤友康:ラブホテル王
    寺田和正:女子大生モデルに性的行為を要求

  2. アカン時は弱音も吐こうぜ!
    そん時は周りの誰かが助けてくれる。
    俺たち40年男にはショーケンの【ぐでんぐでん】
    『酔ってお前がつぶれたら 俺のこの肩かしてやる』精神があるねんから!

    • そうですよね。この精神は互いに持ち続けたいですね。
      ありがとうございます。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*