【タメ年たちの大活躍!】最新号『大人の科学マガジン』に樋口真嗣が参加。

27615昭和40年生まれの特技監督・樋口真嗣が、本日発売の『大人の科学マガジン』(学研)の付録で実験に参加した。

樋口は1984年に『ゴジラ』で怪獣造形に携わり映画界デビューし、95年に特技監督を務めた『ガメラ 大怪獣空中決戦』で日本アカデミー賞特別特殊技術賞を受賞する。2005年には実写『ローレライ』を監督、06年に『日本沈没』、07年に『エヴァンゲリヲン新劇場版:序』、08年に『隠し砦の三悪人』などを手がけ、実写や特撮、アニメーション、CGなどすべてこなす監督として活躍を続けている。近作では『のぼうの城』の監督を務め、大迫力の映像を生み出し観る者を圧倒し、国内外で話題を呼んだ。

その樋口が『大人の科学マガジン』の付録で実験に参加したのだが、今回のその付録というのが『USB特撮カメラ』だ。このUSB特撮カメラは、マクロ撮影が可能な手持ち型のUSBカメラで、狭い場所に入り込み、さながらの“特撮”映像が撮影できるというもの。自前のフィギュアやジオラマ、生き物など、小さなものを大きく撮影でき、特撮体験をすることができる。樋口はこのUSB特撮カメラで、なにやらジオラマを使って撮影をしているようだ。その実験の模様は本誌内に収録される。詳しくは以下のオフィシャル動画をチェックしてみてほしい。コレ見ると欲しくなるでしょ?

このコーナーでは昭和40年生まれの活躍を紹介。どんな些細なことでも我こそは!という昭和40年男はぜひ『読者投稿欄』から投稿を!

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*