年忘れ にっぽんの歌。

何年前だろうか、今日のタイトルの歌番組を見つけたのは。大晦日はこの番組のスタートとともに一杯始めるのがもうずいぶんと以前からの恒例になっている。今年は『NHK紅白歌合戦』の出場者が、知らない人たちのオンパレードだから、俄然こちらの楽しみのウエイトが大きくなった。と、思って公式サイトを見たら北島三郎さんの名が見つかったぜ、やっほー。やっぱり日本の年越しには、サブちゃんが欠かせない。「風雪ながれ旅」か「まつり」が聴けたらいいなとワクワクしている。

 

それと毎年楽しみなのが、石川さゆりさんだ。紅白と違う曲を歌ってくれるから、あっちが「津軽海峡・冬景色」ならこっちは「天城越え」といった具合でうれしい。久しぶりに「能登半島」なんてのもうれしいなあ。八代亜紀さんもいつもこっちで見られるし、懐かしのニューミュージック系も多く出るからおっさんにはサイコーなのだ。

 

テレ東プレゼンツなわけで、かつて日曜の夜に『演歌の花道』を流していたから、演歌に強いイメージがある。現在はBSで復活しているのを、このつぶやきを書きながら知ることができた。ともかく頭に入れておくことにする。

 

ガキの頃は、紅白での演歌や大御所は邪魔だったはずだが、今や求めている。ジャニーズはさっぱりわからず、出場者の中にはグループ名も知らないのがいたりする。だいぶ若者に振っていると感じさせられ、かつての「ガキどもは黙ってな」とでも言いたげな構成だった紅白ではない。せっかく演歌がわかる年頃になったら、ターゲットから外されたのだ。そうか、昔も今も 俺たち世代は外され気味なんだなと、変な納得をしたりして。そこへいくとテレ東は『年忘れ にっぽんの歌』の後でも、紅白の対抗になる『孤独のグルメ』を入れているのは俺たち世代向けだ。ガキの頃はアニメの再放送や輸入物をガンガンやっていたし、東京ボンバーズの『ローラーゲーム』では俺たちを熱狂させた。うーむ、テレ東はいつも俺たち世代の味方なんだ。でも、全国的にはテレ東ネタは通じないんですよね。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2件のコメント

  1. 私の大・大・大ファンの氷川きよしクンが特別枠とゆう事ですがその割に歌う曲がただの一曲とは…後からも出演が決まった
    人達が数人も増え その為に減らされたのでしょうか?それが納得行かないです。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*