「ビデオカメラのいま・むかし-みんなの思いを映す技術-」が港区立みなと科学館で開催。 “未来技術遺産” 登録の貴重な製品現物も展示!

おはこんばんちはです!
「S40ニュース!」「S50ニュース!」ドッチーモ的にお送りします。

「昭和トリオ」編集部が位置することで「編集長のつぶやき」にも何かと登場する 東京都港区なんですが、今回は虎ノ門にある区立「みなと科学館」の展覧会をご紹介。

秋の企画展として「ビデオカメラのいま・むかし-みんなの思いを映す技術-」が、2022年 10月13日 (木) ~ 11月13日 (日) の会期で開催されます。

独立行政法人国 立科学博物館・産業技術史資料情報センターの選定する「重要科学技術史資料 (愛称・未来技術遺産) 」に 2022年度までに登録された資料は343件。この約1割が港区に所在するもので、さらにそのうち10件以上がカメラ・ビデオカメラ等の撮影機器なんだそうです。

今回の企画展では、そうしたビデオカメラと港区の関係に着目。港区周辺地域のビデオカメラ産業発展の歴史に焦点をあてながら、その背景と実際に開発された製品や技術を時系列で紹介し、ビデオカメラの発達に伴う用途の広がり、人との関わりについても考察するとのこと。

実物展示のコーナーでは、重要科学技術史資料にも登録された、貴重なビデオデッキ一体型のビデオカメラや、8ミリビデオカメラなども展示。最新性能のビデオカメラもあわせて展示し、カメラの形、重さ、性能、撮影スタイルがどのように変化したのか、当時の映像や実物大パネルと合わせて観ることができるとか。
 

▲世界初の民生用ビデオカメラとして 1983年に登場した、ビデオデッキ一体型のソニー「Betamovie BMC-100」
▲8ミリビデオ規格で “パスポートサイズ” にまで小型化された、1989年発売の ソニー “ハンディカム”「CCD-TR55」
▲実際にNHKで 1985年頃まで使用されたテレビカメラ

 
また、やはり虎ノ門にあるNHK放送博物館の協力により、1970~’80年代にかけて実際にNHKのテレビ番組で使用されていたテレビカメラも展示。

ニュース番組のラストなどで映っていたのを目にした人も多いかと思いますが、スマホで手軽にハイビジョン映像が撮影できてしまう現在とは、まさに隔世の感…。その大きさや重厚感、迫力にはあらためて圧倒されることでしょう。
 
 
会期中は、体験コーナーやイベントも盛りだくさん。映像機器開発者によるトークショーや、報道カメラマンとして数々の現場を経験した方による講座なども予定されているそうで、貴重なお話が期待できそうです。

イベント等の情報は、みなと科学館の公式Webサイトで逐次発表ということなので、気になる方はゼヒ、以下のニュースリリースとともにチェックしてみてください!

(「昭和シリーズ」 “Web担当A” )
 
 
[以下、港区立みなと科学館  ニュースリリース より]

港区立みなと科学館(所在地:東京都 港区 虎ノ門 館長:布施直人 以下、みなと科学館)では、定期的に企画展を開催しています。このたび、2022年10月13日(木)~11月13日(日)まで、2022秋の企画展として「ビデオカメラのいま・むかしーみんなの思いを映す技術ー」を開催いたします。
 
アナログからデジタルへ、小型・軽量・高精細化、スマホやドローンなど、目まぐるしく進化してきたビデオカメラ技術の変遷を、港区の映像技術産業の歴史とともに振り返り、映像技術と人の昔・今・未来を考えます。今では貴重な実物、映像技術の体験、各種イベントなどもお楽しみいただけます。
  

■体験コーナーや関連イベントも
会期中は体験コーナーやイベントも満載! ビデオカメラの構造を学べる全長約2メートルの大型パネル、お子さま向けの工作コーナーでは映像の仕組みを学ぶことができる工作、最新の映像技術を使った体験コーナー等も用意しています。また、映像機器開発者によるトークショー、報道カメラマンとして数々の現場を経験した方による講座などなど関連イベントもたくさん予定しています。なお、イベント等の情報は逐次みなと科学館公式サイトでお知らせします。
 
 
港区立みなと科学館 2022秋の企画展
ビデオカメラのいま・むかし -みんなの思いを映す技術- 開催概要
主 催: 港区立みなと科学館
協 力: ソニーグループ株式会社 ソニー株式会社 
     NHK放送博物館 独立行政法人 国立科学博物館
     (順不同)
期 間: 2022年 10月13日(木)~ 11月13日(日)
会 場: 港区立 みなと科学館 多目的ロビー
 
 
●港区立 みなと科学館  概要●
所在地 : 東京都 港区 虎ノ門3-6-9
開館時間: 9:00~20:00(プラネタリウム最終投影 19:00開始、最終入館時間 19:30)
休館日 : 毎月 第二月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)
      ※臨時休館日あり
入館料 : 無料 プラネタリウムは有料 一般投影(1回分)大人 600円 / 小・中・高 100円

みなと科学館 公式サイト: https://minato-kagaku.tokyo
公式twitter: @minato_kagaku
 

 


 
■「昭和シリーズ」SNSも展開中! フォロー&シェアで、ゼヒ応援よろしくお願いします! 

『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko

『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna
 
 
「昭和ジェネレーションパラダイス」
 公式サイト https://www.genepara.com
 Facebook https://www.facebook.com/showagenepara
 Twitter     @showagenepara https://twitter.com/showagenepara

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。→ https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*