3年ぶりの浅草での集合写真。

昨日の「浅草秘密基地」は、このつぶやきから呼びかけたにもかかわらずさみしい来場だった。とは言えすげー楽しい夜だったし、こうして集合写真を復活させられたのだからよしとするかな。

 

6人がほぼタメ年で男だけの集いである。そりゃー、来ないか (笑) 。でもね、たわいのない会話で終始して過ごす時間のなんと清々しいことよ。帰り道は元気いっぱいだし、今朝もそうだ。酒場でネガティブのない会話だけで過ごせる俺たち世代は、極めて少ないのではないだろうか。酒場ってのは企業戦士の休息の場であることが主であり、酒が進むに連れ自身のコミュニティの確認をしたくなるから、どうしてもそのコミュ以外をディスる。するってえといつの間にか自分の中に毒が溜まるから、二日酔いになるのだ。が、この集いにはそれがない。将来への不安というネガティブはあれど、これは負のエネルギーでない。親の介護、子供の将来、そして自身の健康などなどの “あるある” ネガティブは悪い酒にはならないのだ。シンパシーであり、ああみんな大変なんだな、と共有できるのは心地よい。そんなコミュニティを全国各地に作っている『昭和40年男』は偉大だな (笑) 。

 

もう締め切っていて恐縮だが、今週末はいよいよ10回目のメモリアルとなる「福岡博多秘密基地」である。昨日は進行を担当する幹事会より、開催概要が届けられた。二次会のカラオケルームの予約もできていて、参加者たちからは期待と不安の声が届いている。不安というのは、呑み過ぎによる記憶障害で、もそれが心配である。が、おそらく大迷惑はかけていないようなのでよしとしよう。

 

アフターコロナは “経済回せ” 以上に、ここで何度もつぶやいている “心を回せ” である。せっかく酒場に出かけても、職場のネガティブでは心はま〜ったく回らない。何が必要か? これもいつもつぶやいている “ガハハ” である。人の話に耳を傾けて笑う。人を笑わせる。秘密基地のルールであり、もっともっと広めなければならない。コロナ明けの使命だと無力ながら思っている。来週の浅草はもう少し参加者が増えるかなあ?
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*