男はつらいよに学んだ別れ 〜大編集後記。

 

買ったかな? 読んだかな? 『昭和40年男』の vol.72 はしっぽりと別れを綴っていて、読み応えある記事が満載だぞ。ぜひぜひ、手にとってくだされ。では今日も元気に大編集後記でいってみよー!!

 

特集は序章と終章で4つのセクションを挟んだ。第1章は「涙の名場面」として、昨日もつぶやいたテレビドラマ編に始まり、映画、特撮ヒーロー、アニメ、マンガと続く。そしてこのセクションのアンカーを務めるのが、寅さんである。

 

ちょっと脱線ゲームながら、昭和をテーマにしたセミナーと呼ぶと仰々しいが、そんな機会をいただくことがままある。今年も1月から月イチ3回で藤沢市役所からのミッションを受け、ありがたいことにが命懸け (!?) で取り組んでいる「還暦上等」をテーマにして、「昭和から元気をもらおう」を合言葉に1月はコンテンツ編、2月はモノ編として展開させてもらえた。『昭和40年男』の編集長としての考察が7割と、東京都荒川区で育った電気屋の息子3割で組み立てて発表している。このコンテンツ編では仮面ライダー、ウルトラマンに始まり、オカルト、スーパーカー、松本零士、歌謡曲、笑い、ドラマ、角川映画、洋楽&シティポップ、そしてバブルによってもたらされたカルチャーでまとめ込んだ。年齢的にも徐々に上がっていく構成だ。うむうむ、我ながらよくできている (笑) 。で、アンカーを「加齢によって知る世界」として『男はつらいよ』を持ってきたのだ。ふっふっふ、完璧だぜ。てなわけで、特集の構成を作る以前にもセミナーで同じようなストーリーを作っていたのである。

 

特集の本文は、寅さん愛があふれにあふれている1コ上の兄貴ライターの金子が担当した。随所に光る彼の切り口が小気味よく、寅さんフリークにはまさしくシンパシーを楽しめるページだと思われる。事実僕もニヤニヤしながらうなずいて読んだ。『傷だらけの天使』に始まり、寅さんで締まる第一章は怒涛の24ページだ。

 

ご購入いただいてない方にはネタバレだが、まあよかろう。金子兄貴の書き出しはこうだ。

あばよ、達者でな。

ここから寅さんの別れに学んだことをゆるりと、時には激しく強く投げ込んでくる。手前味噌だが、見事じゃ。そして観たくなる。久しぶりに寅さんに逢おうかな。と、そんな気分を皆さんも味わってくれいっ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*