7年間の成長はあったのか?

今朝、友人よりこいつが送られてきた。7年前の今日はランナーだった。過去形にしないぞと心は燃えているものの、なぜか体が対応しないダメダメな僕だ。この日はハーフマラソンで、ボチボチのタイムでゴールできたと記憶している。読者の集い「浅草秘密基地」で誘ったところ、一緒に写っている2人 (左・浅野さん、中央・小倉さん、右・バカ) が「やったるわい」と言ってくれて、そのまま『昭和40年男』の陸上部として活動している。こうした繋がりのスピンオフはありがたいことだし、多くが形作られることをいつも願っている。そして、この写真によって僕は7年前へとタイムマシーンに乗った。

 

まだ40代である。50歳まで残り4ヶ月ちょっとのところである。沖田艦長のごとく「何もかもみな懐かしい」と言いたいほどの昔には感じられない。さて、この頃の僕は何をしていたのだろう。『興奮のラジカセ』とタイトルしたvol.30の発売直前で、よく売れた号だったことを思い出させてくれた。そして12年以上にわたってこのサイトでつぶやいてるおかげで、当時の自分がすぐにフラッシュバックできる。うーむ、これは壮大なる日記だな (笑) 。ということは、極めて個人的な日記に100万人もの方々 (もちろん、ウソ) に付き合っていただいているのだから、よくよく考えれば幸せ者である。

 

てなわけで2015年の3月までつぶやきを戻してみると、今年も明後日に控えた健康診断の結果を嘆いているが、ぶら下がり運動の効果で身長がやや伸びたとしている。近年の僕は懸命にぶら下がっているものの、毎年順調に縮んでいる。明後日の健診では、ついにまたひとつの大台へと踏み入れるかが心配である。死について語っていたり、もちろんこの大会の完走について、今年同様ひな祭りについて、そして月が変わった3月1日にはふんどしを締め直している…、と7年経っても成長がないことに愕然とさせられた。

 

同時に、時の過ぎ去るスピードのあまりの早さにやはり愕然とする。今日より同じ時間が経過するとあらあら、63歳だ。そこまでの道のほぼ真ん中に『昭和40年男』主催の「昭和100年祭」「合同還暦式」の武道館での開催がある。きっと大成功させているはずだ。さらに同じく昭和100年に描いているでっかい夢は、明々後日にいよいよ情報解禁となる「昭和ジェネレーションパラダイス」を何万人規模のフェスへ育てていくことだ。なかなか激しいぜ。よっしゃ、どうやら今日よりの日々は、この写真の日から歩んだ7年よりず〜っと濃くなりそうだしそうするぞ。そんな気持ちにさせてくれた写真だ、ありがとう浅野さん。って、全然走ってないじゃん。フルの4時間切りも達成しなさいっ!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*