30歳の誕生日。

今日会社が30歳を迎えた。設立日は1年遡るのだが事業開始には踏み込めず、準備期間だったと言えばよろしいだろうか。で、初めての決算の起算日が平成4年の 3月1日だから、気持ちの中では設立日よりこの日が誕生日と感じられる。昭和40年に生まれ、昭和56年の3月、15歳の春に音楽で食うことを決心した (夢は叶ってないが) 。この日を第2の誕生日と位置付けて、第3がさらに11年後の会社のスタートということになる。56歳であり、41歳であり、30歳である。

 

ロックスターたちは30歳の時に何をしていたのだろうと、パラパラと眺めてみた。ミック・ジャガーは『山羊の頭のスープ』(’73) をリリースした年だ。ウンウン、少しマイルドな方向へと舵を切ったアルバムだな。ロッド・スチュワートは、やはり転機となる『アトランティック・クロッシング』 (’75) をリリースしていて、フェイセズを解散した年でもある。黒っぽいロックからやはり舵を切った年が、偶然にもミックと2人とも30歳というのがおもしろい。エアロスミスのスティーヴン・タイラーが30歳の年は、昭和48年のデビュー以来毎年1枚リリースしていたスタジオアルバムがなく、バンドはピンチを迎えていた頃で、相棒のジョー・ペリーとの不仲やドラッグ問題などが持ち上がっていた年だ (’78年) 。うーむ、なんだか30歳はあまりよくないなあ (泣) 。心より尊敬しているジミ・ヘンドリックスとオーティス・レディング、ジャニス・ジョプリンは、30歳を迎えることなくこの世を去った。

 

国内ミュージシャンに目を移そう。我らがジュリーは29歳の昭和52年の暮れに「勝手にしやがれ」でレコード大賞を受賞して、「サムライ」「ダーリング」「ヤマトより愛をこめて」「LOVE (抱きしめたい)」と、『ザ・ベストテン』で一等賞男だった頃だ。おっ、いいじゃん30歳。僕に大きな影響を与えた忌野清志郎さんの30歳は昭和56年で、前年にエレキトリックバンド変身のファーストアルバムとなる『ラプソディー』をリリースして、初の武道館公演や僕にとってはベストアルバム『BLUE』のリリース年だ。ほっ、いいじゃん30歳。外国人は早熟なんだな。そういうことにしておこう。日本人でよかった。

 

僕の仕事としては、去年に『昭和45年女・1970年女』をリリースできて、5月に新ブランド「昭和ジェネレーションパラダイス」を立ち上げて、紙のアウトプットとは異なる世界を創造していく。まさに勝負の30歳だ。既存のバイク・音楽関係の仕事もしっかりとこなして、30歳を盛り上げていくぞーと燃えている今日の誕生日だ。パーっと繰り出したいところだが、『昭和40年男』vol.72の最終作業でそれは叶わない。だが、この最新号の表紙をめくったページに見開きで掲載する「昭和ジェネレーションパラダイス」の仕上がりにうっとりしているところだ。さあ、いくぜっ30歳の俺!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

2件のコメント

    • タバ老人さん、メッセージありがとうございます。
      ラプソデイ、プリーズ、そしてビートポップスとの4枚が僕らの青春4作ですかね。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*