雑誌danchuと名店水口に学ぶ。

大晦日から元旦にかけての僕の大事業である大量のミートソース作りは、今年は自分史上最高傑作でフィニッシュできた。弟家族やお袋に気前よく配ったら我が家にあまり残っておらず、傑作をちびちびと愛おしみながら食っている。うんうん、うまい。

 

昭和の料理の数々が楽しめる居酒屋を、『昭和40年男』という屋号で出したいという夢をず〜っと描いたままで月日が過ぎている。そしてそこが開店したら、この一皿はの担当で提供するつもりだ。このプロジェクトのメニューを考えているのは楽しいのだが、熟考すればするほど浅草の名店「水口」のラインナップに持っていかれてしまう。完璧な昭和がここにあるのだ。そりゃあそうだ、創業昭和25年の本物だもの。近頃よく見られる演出の昭和でない、完璧なる昭和が醸されていて、おかみさんからしても親しみある昭和らしい看板娘である。

 

ここはナポリタンもミートソースも絶品の昭和テイストである。お気に入りのアジフライはどこまでも軽く、マグロのぶつは大量で供され、ぬか漬けは奥深い。最近見つけた隠れた絶品が麻婆豆腐で、中華ではなく昭和和食な一皿なのだ。ビールもわかってらっしゃり、サッポロの赤星がラインナップされている。もう、ここまで完璧だと僕の構想が安っぽくさえ感じられてしまうが、それでも夢は夢だ。こっちには昭和のコンテンツを奥深く知るという武器がある。これを目一杯活用して独自の店舗にしたいなと、「水口」で昭和料理の数々をいただきながらの妄想時間は極めて楽しい。

 

大好きな雑誌の『danchu (ダンチュウ)』編集長のテレビ番組、『植野食堂』のオープニングタイトルバックが水口のメニュー札がかけられた壁である。「日本一ふつうで美味しい」をコンセプトにする番組が選んだ風景ということになる。これを眺めながら僕はいつも、今日は何をいただこうかと深く悩むのだ。コロナのバッキャローのせいで一人でお邪魔することが多く、たくさん食べられないからなおさらである。まあこれもまたいい時間なのだが、仲間とガハハと過ごす日はいつくるのだろう。もうそう遠くないはずだ。そして僕の居酒屋構想も、コロナが明けたら本格的に取り組みたいところだ。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*