『ウルトラマンA TAC超兵器写真集』が3月に発売。50周年の今だ! 編集!と鋭意制作中のタメ年編著者・高島氏が自ら見どころを紹介!!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。

先週の 2月2日は “ツインテールの日” …なんて話題で、SNSではちょっと盛り上がりを見せていましたが、この「ツインテール」。今や頭の左右に2本しばりの髪型の呼称として世に浸透してますけども、そもそも『帰ってきたウルトラマン』に登場した、例の “エビに似て美味” と噂される怪獣が語源、なんて説もあるそうですね~。

怪獣のツインテールについては昨年、まさに『帰ってきたウルトラマン』放送開始50周年記念のタイミングでリリースされた、ツインテール (とタッコング) の写真集とアクリルフィギュアスタンドをこちらのニュースでもご紹介したんですが、覚えてる、もしくは買ったよ!という読者の方もいらっしゃるでしょうか?

その企画者で、昭和40年生まれのタメ年男・高島幹雄氏が、またもマニア垂涎の新たな写真集を企画、現在鋭意制作中! ということで、またまたご紹介しちゃいましょう。
 
今度は、1972年に放送開始された『ウルトラマンA』が今年 2022年で50周年! というワケで、復刊ドットコムから3月下旬に発売 (発送) 予定の『ウルトラマンA  TAC超兵器写真集』なんであります。
 
『ウルトラマンA』関連では、主題歌でも “北斗と南~♪” と歌われた南 夕子隊員役・星 光子さんの直筆サイン入り豪華ポスターが、ファンの間で話題となりましたが、こちらに続いての高島氏企画です。
 
今回、復刊ドットコムさんと高島氏は3つの表紙案を用意し、Twitterアカウントでアンケートを実施。今週その投票〆切を迎えて、めでたく1位が確定!となりました。そんなこんなで、上の表紙画像はまさに決まりたてホヤホヤ (?) のデザイン、というワケです。

 
さて、気になる内容の方は…? と言いますと、ウルトラマンAとともに戦う、超獣攻撃隊「TAC (Terrible-monster Attacking Crew) 」が誇る超兵器= “TACメカ” にスポットを当て、初公開カットも含む円谷プロ秘蔵の貴重写真でズズイと迫る空前絶後の写真集!とのこと。
 
各機のプロップの写真は、できるだけ切り取りをせず、撮影された状態のままで掲載。また、細部まで見えるように掲載サイズも極力大きくする予定だとか。

▲ウルトラマンAに抱えられた、TACの大型攻撃戦闘機・タックファルコン

 
いや~、こりゃ『ウルトラマンA』ファンのみならず、ウルトラマンシリーズのファン、特撮メカファンにもたまらないんじゃないでしょうか? 実に期待高まるこの一冊について、高島氏から直々に見どころ紹介のコメントをいただきましたので、以下もゼヒご一読あれ!
 

▲TAC基地格納庫内のタックファルコンと、宇宙超高速戦闘攻撃機・タックスペース

 
『ウルトラマンA  TAC超兵器写真集』
企画・編著者 ― 高島幹雄氏 コメント

同じく復刊ドットコムから発売の「【星光子直筆サイン入り】『ウルトラマンA』放送50周年記念 南夕子ポスター」(※1月31日に受注締切済み) のカットを選んだ時に、円谷プロのライブラリーにある『ウルトラマンA』のスチール写真は全て見させていただいたのですが、その中には、TACのメカ・超兵器の写真もたくさん残っていました。しかも、過去のムック本などで見たことのないカットや、有名なカットでも別テイクなど、貴重なものも多数ありました。

ムック本にメカが載る場合、大体は1~2ページにまとめられ、各機とも小さな写真だったりします。また、これまでにウルトラマンシリーズのメカをメインとした本も少なからずありましたが、この時代のウルトラマン1作品のメカ・超兵器だけで1冊、というのはなかったと思います。この機会に『ウルトラマンA』のメカ・超兵器のスチール写真集を紙の本として形にすべき、と思いました。
 
『ウルトラマンA』放送開始から45周年だった2017年には、日本コロムビアから発売の3枚組CDを企画・制作したのですが、その時も未発表音源があれば入れたいと考えていました。今回の写真集は、未発表音源を探す、という発想を、スチール写真に置き換えたものと言えるかもしれませんね。
 
もっとも、これは
珍しい!と思った写真が、この50年の間、本当にどの出版物や映像ソフトのジャケット、解説書にも未掲載だったか? ということになると、あまりにも膨大な商品があるので探りようがないのですが… (苦笑) 。
 
写真はできるだけ1ページに1カット、見開きで1カットなど、贅沢な誌面構成でお見せしたいと考えています。ピントの合い具合などの関係で大きくするのが難しい写真も、1ページに2カットぐらいの形では掲載するようにしていますね。

▲飛行中のタックファルコンとタックスペース

 
劇中にTACの専用車「タックパンサー」というクルマが登場しますが、ナンバープレートを見ると「TAC・02」と「TAC・07」の2種類があって、さらにボディにペイントされたラインの色も赤と朱色 (濃いオレンジのような感じ) があり、ドアに描かれたTACのエンブレムの色違いもあるんです。これらが映像ではどのように登場したか気になって、全52話の映像をチェックしました。過去のムック本では「タックパンサーは2台配備されているようだ」ぐらいしか言及がなかったのですが、これらの詳細も掲載写真のキャプションで触れるようにしています。
 
加えて、巻末には全52話のサブタイトル一覧を掲載するのですが、これには各回に登場するメカ・超兵器についても映像での登場順に載せる予定で、このために全話をチェックした原稿も作ってあります。意外とタックファルコンが出てこない回もあったりするんですよね。
 
先に書いたタックパンサーは、第1話から順に注意して観ていくと、ある回からボディにペイントされた色が変更になったことが推測でき、また、同一画面に2台のタックパンサーが出てくることもありませんでした。各回に登場するタックパンサーの車両ナンバーも映像で見える限りメモしたので、それもサブタイトル一覧の付記に載せる予定です。

▲TAC専用車・タックパンサー

 
メカ・超兵器の単体写真だけでなく、“超獣 対 TACメカ” といった特撮の撮影シーンも載せています。全ての回にこのような写真があるわけではないのですが
、その中でもできるだけ多く選ぶようにしました。ウルトラマンAと一緒にメカが写っているカットはごく少ないのですが、本書の告知に使用しているタックファルコンを持った写真には、背後から写した別カットもありました。これも掲載する予定です。
 
今回は『ウルトラマンA』の放送50周年を記念したタイミングでの企画ですが、セールス状況がよければ、メカ・超兵器の写真が豊富に残っている他の作品についても、周年に限らず同じようにメカだけの写真集が作れたら… と個人的には思っています。

▲第3話登場の怪魚超獣ガランと、タックファルコン、主力戦闘攻撃機・タックアロー
 

…ということで、以上、高島氏からのコメントでした。

いやはや、マニアックに作品の情報を突き詰めていくその執念には恐れ入ります。
コレはやはり、特撮メカ好きには見逃せない一冊となりそう…?
シリーズ化にも期待しちゃいますね!
 

『ウルトラマンA  TAC超兵器写真集』は、復刊ドットコムから3月下旬に発売 (発送) 予定。価格は 5,940円 (税込) で、現在予約販売を受付中です。

復刊ドットコムのサイト上からの先着購入特典として数量限定の「TACエンブレムポスター」プレゼントもアリ。詳細は以下のリリース情報および販売ページにてチェックを!
 
(「昭和トリオ」 “Web担当A” )
 
 
[以下、復刊ドットコム  ニュースリリース より]

2022年『ウルトラマンA』放送50周年記念 第2弾企画始動!

〈TACメカ〉を熱く愛する君にこそ贈る、空前・驚愕のハードスペック写真集!! ウルトラマンシリーズの1作品を、超兵器のみで構成する、かつてない構想とスケールの写真集。円谷プロに秘蔵されたTAC超兵器の貴重なスチール写真群を、初公開カットを含めて集大成!
 

  • 1972年 4月7日 から 1973年 3月30日 まで、TBS系で毎週金曜日19:00-19:30に全52話が全国放送された『ウルトラマンA』が2022年で放送50周年。
    大好評の「『ウルトラマンA』放送50周年記念 南 夕子ポスター」に続く、50周年企画の第2弾は、TAC超兵器写真集!
     
  • ウルトラマンAと共に戦う超獣攻撃隊・TAC(Terrible-monster Attacking Crew)が誇る超兵器をさまざまなアングルから撮影した写真の数々を、できるだけ細部が見える大きな画像で集大成する一冊。
     
  • タックファルコン、タックアロー、タックスペース、ダックビル、タックパンサー、タックガンなどユニークなデザインでファンを魅了するメカをメインに、ウルトラマンAとタックファルコン、超獣と対峙するTACの超兵器といった場面の貴重なスチール写真、プロップ写真などを収録。
     
  • 番組制作当時に撮影されたプロップの写真は、本体だけを切り抜き加工をせずに、プロップ撮影時の雰囲気を活かして、可能な限り本体の周囲の状況も見えるように収録。
     
  • 飛行シーンの撮影ゆえに多少のブレがあるカットなども、撮影現場の臨場感を再現する貴重な写真記録として収録予定。
     
  • 巻末には、放映作品のサブタイトル一覧を、各回の登場超兵器データを含めて掲載。
     
放送50周年記念出版『ウルトラマンA  TAC超兵器写真集』

 監修   : 円谷プロダクション
 発売予定日: 2022年 3月下旬
 仕様   : B5判、ソフトカバー、64P(オールカラー)
 予価   : 5,940円(税込)
       (本体予価 5,400円 +消費税10%)
 

■本書に収録するTAC超兵器・装備■

 タックファルコン = 現場での移動基地となる大型攻撃戦闘機
 タックアロー   = TACの主力戦闘攻撃機
 タックスペース  = 宇宙超高速戦闘攻撃機
 ダックビル    = 6人乗りの地底探索用戦車
 タックパンサー  = パトロールや兵器の運搬などに使われる専用車
 タックガン    = 全隊員が携行する専用特殊銃

 さらに、特撮現場で撮影されたスチール写真が残されているエレクトロガン(第3話)、
 マリア2号(第7話・第8話)のプロップ写真も収録。
 

■TAC超兵器対超獣(宇宙人など)のスチール写真(収録予定)■

 バキシム(第3話)、ガラン(第4話)、ブラックピジョン(第18話)、
 ゼミストラー(第20話)、アプラサール(第21話)、ヒッポリト星人(第26話)、
 バアロン号*バッドバアロンの変型(第33話)、フブギララ(第43話)、
 ガズゲゴン(第45話)、ハンザギラン(第47話)、レボール星人の宇宙船(第50話)
 

■復刊ドットコムオリジナル特典■

 復刊ドットコムで『ウルトラマンA TAC超兵器写真集』を購入すると、
 先着でTACエンブレムポスターをプレゼント!

 大変貴重な機会をぜひお見逃しなく!
 特典は数に限りがありますので、お早目にどうぞ。
 

復刊ドットコム/『ウルトラマンA  TAC超兵器写真集』販売ページ
 https://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68330499
 
 
©円谷プロ
 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*