仕事納め。

本日、令和3年の仕事納めである。朝の電車に仕事へと向かう戦士はあまり見かけられず、幸せそうな家族やカップルが微笑んでいて気持ちがよろしい。そして浜松町で降りると、同じく羽田へと向かうのだろう、家族やカップルが大きな荷物をうれしそうに運んでいた。へと向かう道に人はほとんどおらず、ご覧のように昼間だってのにまるで街は眠っているかのごとくだ。今日は出社してくる者もおらず、ひとりぼっちのオフィスは快適で、電話も鳴らないから仕事がはかどるはかどる。

 

今年の仕事は、去年同様コロナに振り回されっぱなしだった。やれやれと思うことが多かったものの、断捨離と言えばいいだろうか、なくなった仕事の中には無駄なものがいくつもあったことに気づかされた。これは去年から感じ始めていたことながら、捨て去る覚悟ができなかったものが多い。さすがに2年も続くと「あっ、いらねえ」となる。この歳でそういったリセットができるとは、思いもよらないコロナの恩恵と言ってやるぜ、バッキャロー。

 

そしてもうひとつ、呑みに行く機会が激減したのは健康診断に如実に出た。以前も最悪というようなひどい数字はなかったものの、BとかCはいくつかあった。それがどうだ。今年の診断では劇的な数値に変わっていて、これ誰かの血液と間違えたのではないかと疑うほどである。まっ、今年の診断でその是非を問うことにしよう。と、これもコロナに苦しんだ中にあった光明である。

 

去年の今頃は『昭和45年女・1970年女』の構想が最も大きなウエイトを占めた仕事納めだったが、来年も新しい動きをキックオフできる。解禁は1月11日まで待たなければならないのだが、読者のみなさんにはきっと喜んでいただけるモノを提供できる (と思う) 。そんなことにワクワクしながらこうしてペンを走らせているのだが、たった1人のオフィスで暖房はもったいないからと少々震えながら書いていたりする (笑) 。さてそろそろ、仕事納めも仕上げとさせていただこうかな。お疲れ様でした!!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

1件のコメント

  1. 今年も一年お疲れ様でした。…暖房無しで風邪引かないで下さいね(^^i)。
    来年は新たな気持ちで色々と再スタートしたいと思います。寅年だから「猛虎伏草」よろしく、己の中に隠れて(隠して)いた勇ましところを表に出して新たなステージに挑戦です!
    還暦上等!(…まだ三年ちょいあるけど)
    貴誌にはいつも元気を貰っています。人生、動いたもん勝ち・楽しんだもん勝ちです!(^^)

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*