夢一夜と時間よ止まれ ~大編集後記。

今日も…と書き出すと♪どこかでデビルマンと浮かぶのは僕だけだろうか。つうわけで、“今日も” 大編集後記 (vol.70) である。あの、南こうせつさんが僕の大好きな連載企画「ガツンと一言。兄貴の説教」に登場してくださった。

 

こうせつさんといえば、僕にとっては断然「夢一夜」である。洋楽に目覚めていた時期ながら、なんてったって『ザ・ベストテン』世代である。国内シーンだって注目しながら、いい曲は貪欲に取り入れていった。僕のちょっと摩訶不思議な感性で恐縮だが、矢沢永吉さんの「時間よ止まれ」と同じ分類の名曲だと位置づけているのだ。まあ聞いておくれよ。

 

双方ともに昭和53年の資生堂キャンペーンソングである。当然ながら「時間よ止まれ」が夏で、こうせつさんが冬である。双方ともに、作詞家が立てられていて曲を本人が作っていること。そしてその歌詞には、心に響くワードが多数入り込んでいること。“汗をかいたグラスの冷えたジンより” ってどんだけかっこいいんだと、ジンがよくわかっていないガキながら震えた。一方 “素肌に片袖” “色とりどりに脱ぎ散らかした” “絹の海” “着てゆく服がまだ決まらない”
うーむ、さすが阿木燿子さんである。あっ、「時間よ止まれ」は山川啓介さんだからね。僕がこよなく愛している『ゆうひが丘の総理大臣』のエンディングナンバー「海を抱きしめて」を書いた方だ、さすがっ。オープニングもだよ。「ファンキー・モンキー・ベイビー」のようなロックナンバーのイメージをぶち壊すほどのオシャレ感があり、こうせつさんも四畳半フォークと揶揄された「神田川」あたりをやはりブレイクした名曲である。と、言われてみれば共通項は多いでしょ。2人とも『ザ・ベストテン』に出なかったし。

 

今回のインタビューではその四畳半フォークを巡ったくだりがあり、必見である。そしてラストのメッセージはこうせつさんならではの優しくも強い言葉で泣けてくる。うーむ、いい4ページである (出たーっ、自画自賛) 。今回はダブルアンカーのつもりで、続く宮崎美子さんのインタビューと並べた僕だ、フッフッフ。

 

最新号が出ると感謝の気持ちを込めて、登場した方々の曲をカラオケで歌う。てなわけで先日「夢一夜」を熱唱したが、あらためてこの曲の詞とメロディに唸った次第だ。それを生み出したご苦労も語ってくれている。あっ、ちなみに巻頭特集からは高崎 晃さんに感謝を込めてレイジーの傑作アルバム『宇宙船地球号』から「ドリーマー」だぜ。さあ、ご購入されたみなさんもカラオケへGoだ!!  買っていない方は書店へGoだ!
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*