昭和トリオ読者も見逃せない!『KADOKAWAのメディアミックス全史 ―サブカルチャーの創造と発展』電子版が期間限定で無料配信中!

おはこんばんちはです。
今回も「S40ニュース!」「S50ニュース!」ドッチーモ的にお送りします。
と言いますか、『昭和45年女・1970年女』読者も… お好きな方はきっと気になるハズ。

10月に非売品として刊行され、TwitterなどSNSで話題となっていた『KADOKAWAのメディアミックス全史 ―サブカルチャーの創造と発展』(佐藤辰男 著) 。その電子書籍版が本日 2021年 11月22日 (月) より、KADOKAWAグループのブックウォーカーが運営する総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」にて、期間限定で無料配信されています。
本書は、1995年刊の『角川源義の時代 —角川書店をいかにして興したか』、2007年刊の『全てがここから始まる —角川グループは何をめざすか』に続く、「KADOKAWA社史3部作」の3冊目として、KADOKAWA元社長の佐藤辰男氏により執筆されたもの。

創業75周年を記念してグループ全従業員に配布したそうなのですが、SNS等を通じて「どこで入手できるのか、ぜひ読んでみたい」という要望が社外からも多数寄せられたとか。インターネット上では無断転載も見受けられたため、その対応も含め正規配信が必要との判断に至ったのだそうです。

『KADOKAWAのメディアミックス全史』電子版 p.4 / KADOKAWA発展史 (特設サイト より)
▲『KADOKAWAのメディアミックス全史』電子版 p.4 / KADOKAWA発展史 (特設サイト より)

 
本編は全7章で構成されており、特に “昭和トリオ” 読者が親しんだ ’80~’90年代については第Ⅰ章、第Ⅱ章に記載されています。
 
“第Ⅰ章 八〇年代  「雑誌の時代」とサブカルチャーの発見と育成” では、角川映画、アニメ展開の端緒となった『幻魔大戦』や、雑誌『ザ テレビジョン』、『コンプティーク』『マル勝ファミコン』『NewType』、そして、スニーカー文庫や富士見ファンタジア文庫を母体としたライトノベルの萌芽などが。

“第Ⅱ章 九〇年代 分裂から創業へ、危機から再生へ” では、メディアワークスの設立、電撃ブランドの成長、『少年エース』の創刊、コミカライズが連載された『エヴァンゲリオン』の大ヒットなどに触れられており、当時のゲームやアニメにどっぷりハマっていた人ならば実に興味深いことでしょう。
 
 
「BOOK☆WALKER」非会員でも、新規に無料登録すればOK。11月30日 (火) までに0円での購入手続きを済ませれば、配信期間終了後も引き続き読むことが可能となっています。また「文庫・ラノベ 読み放題サービス」の加入者向けには、2022年 3月末まで配信されるとか。
 
全580ページ (!) にも及ぶエンタメ史における貴重な記録を、無料で入手できる絶好の機会… ということで、読みたい!と思った方はどうぞお忘れなくお早めに。
 
入手先URLなどは以下のニュースリリースをご参照くださいマセ。
 
(「昭和トリオ」 “Web担当A” )
 
 
[以下、株式会社ブックウォーカー  ニュースリリース より]

株式会社ブックウォーカー(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:橋場一郎)は 11月22日(月)から 11月30日(火)までの期間中、自社が運営する総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」において、電子版『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』(佐藤辰男 著、2021年10月刊、非売品)を無料で配信いたします。

特設ページ
https://bookwalker.jp/select/1207/?adpcnt=7qM_N3f
 

■『KADOKAWAのメディアミックス全史 サブカルチャーの創造と発展』概要

内容
KADOKAWAとは何ものでどこに向かおうとしているのか? 「デジタル・メガコンテンツ・パブリッシャー」というビジョンの実現に向けて業態変革(トランスフォーメーション)を繰り返すKADOKAWAが、80年代のメディアミックス戦略に始まる激動の歴史をみずから紐解き、その試行錯誤の軌跡をたどる。
 
目次
はじめに
第Ⅰ章 八〇年代 「雑誌の時代」とサブカルチャーの発見と育成
第Ⅱ章 九〇年代 分裂から創業へ、危機から再生へ
第Ⅲ章 二〇〇〇年代 サブカルチャー黄金期へ
第Ⅳ章 二〇一〇年代 デジタル・メガコンテンツ・パブリッシャーへ
第Ⅴ章 KADOKAWAのネット・デジタル二〇年史
第Ⅵ章 KADOKAWAのグローバル展開二〇年史
第Ⅶ章 トランスフォーメーションの三〇年史
巻末の辞 創業七五周年を祝う 角川歴彦
あとがき
角川グループ略年表

刊行情報
著者: 佐藤辰男
刊行: 2021年 10月27日
発行: 株式会社KADOKAWA
価格:(非売品)
 

■電子版配信について

配信期間: 2021年 11月22日(月)00:00 〜 11月30日(火)23:59
配信場所: BOOK☆WALKERストア
 
作品ページ:
https://bookwalker.jp/dec96b61ed-b3bc-4f15-8651-b890c018ecb7/?adpcnt=7qM_N3f
 
閲覧方法: 特設ページまたは作品ページから本書を無料購入し、ご覧ください
特記事項: ご利用にはBOOK☆WALKERの会員登録(無料)が必要です。
      また配信期間中に無料購入した本書は、配信期間終了後も引き続きご覧いただけます
 
 

株式会社KADOKAWAについて

出版、映像、ゲーム、Webサービス、教育、MD、コトビジネス、インバウンド関連などの幅広い事業を展開する総合エンターテインメント企業です。働き方改革(ABW=Activity Based Working)を含めたデジタルトランスフォーメーションの推進により、優れたIP(Intellectual Property)を安定的に創出し、様々な形で世界に届ける「グローバル・メディアミックス」戦略を実践しております。
https://group.kadokawa.co.jp
  

BOOK☆WALKERについて

2010年12月にサービス提供を開始した総合電子書籍ストア。現在1,200社以上の出版社と取引を行い、マンガ、ライトノベル、小説、ビジネス・実用書など様々なジャンルの作品約90万点を配信。単品販売のほか、「文庫・ラノベ 読み放題」「マンガ・雑誌 読み放題」のサブスクリプションサービス、縦スクロールマンガ等が話単位で読める「話・連載」サービスなど、電子ならではの読書体験を提供しています。また海外向けには「台湾 BOOK☆WALKER」や、北米を中心とした「BOOK☆WALKER Global」を展開し、日本のマンガ、ライトノベルを中心に広く作品を配信しています。
https://bookwalker.jp/top/
 

株式会社ブックウォーカーについて

KADOKAWAグループのデジタル戦略子会社として2005年12月に設立。総合電子書籍ストア「BOOK☆WALKER」の運営をはじめ、「ニコニコ漫画」「読書メーター」など本と読書に関わるメディア事業、国内40以上の電子書籍サービス事業者に向けた取次事業、NTTドコモと協業で行う「dマガジン」の開発・運営等プラットフォーム事業を手がけています。
 

 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*