秋一番はハナミズキ。

昨日の東京は暑かったが、今日はずいぶんと涼しい一日だった。秋らしさも少しずつ色濃くなってくる。これよりはちょっぴりセンチメンタル・ジャーニーになる季節を、旨い肴で呑みまくるのだ。ふっふっふ、経済回せっ!!

 

虫たちの求愛の声に続いて、秋の到来を知らせてくれるのが毎年こいつだ。去年の10月のつぶやきでもこの木のことに触れていて、ネットで調べる限り錦木でないかと書いたら、詳しい方から「ヤマボウシかハナミズキかと。写真見る限りだけど、ニシキギはここまで大きくならんな」と書き込んでいただいたりした。彼はもうずいぶん長いこと「浅草秘密基地」の常連さんであり、その道 (どんな道じゃ?) の仕事に就いている職人さんだ。まだしばし開店営業できない、ああ秘密基地である。で、今朝ネタにしようとあらためて写真に撮って彼に送ると、ハナミズキですよとお返事いただき堂々とタイトルに採用した、感謝。

 

コロナに明け暮れた令和3年はどんな仕上げを迎えるのだろう。多くの方から酒席のお誘いを受けているものの、今のところ自粛気味といったところだ。本当はそんなキャラクターでないから冒頭で経済回せっとかほざいてはみたが、完全なる復活の日に目一杯騒ぎたいとの考えだ。ちょっぴり悪いことしているのかな、な〜んて思いながらの酒はうまくない。早く、誰のご批判もなくなってもらいたいところだ。

 

夏へと向かっていく春もいいが、冬に向かっていく秋もいい。散々夏好きを叫んでいるだが、とどのつまり四季折々を愛している。物悲しい空気が日一日ごとに強くなるのをセンチメンタル・ジャーニーとしたが、でもそんな気分を背負って暖簾をくぐると、威勢のいい「らっしゃい」の声と湯気ののぼる鍋料理をつついている客たちの笑顔がある。大勢で鍋をつつくことが御法度のような冬は、今年も続いてしまうのだろうか。本当に呑み屋でのことばかり気になってしまうのは、コロナの収束が見えてきた証拠と思えばいとおかし。しばし呑み屋を封印しながらも、秋の夜長を満喫する術を磨くのもまたいとおかしだ。
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*