キャンディーズが普通の女の子になる ~大編集後記。

 

今日も元気に最新号 (vol.69) のPRであり、ご購入いただいた方にはシンパシーを感じていただくための大編集後記じゃ。連載特集の『夢、あふれていた俺たちの時代』で取り上げた昭和52年の、個人にとって最大の事件について触れたい。キャンディーズが「普通の女の子に戻りたい」と叫んだ。一昨日このコーナーからお送りした「こころのベストテン」では、ピンク・レディーの快進撃が2位にランキングされていたが、まだ男の目覚め前夜の僕にとっては “セクシー” よりも “笑い” だった。『8時だョ! 全員集合』で健気に体操にチャレンジする3人が大好きだった。『みごろ! たべごろ! 笑いごろ!!』でもイキイキと笑いに徹する3人は、女性版ドリフターズだった。ずっとすっと、僕にとってのスーパーアイドルとして君臨すると思っていたのに、普通の女の子になんかならないでくれーと叫んだ日だった。

 

お楽しみ会で、3人トリオを組んで女装して披露した「年下の男の子」が深く強い思い出だ。クラスメイトの女子からスカートを借りたから、僕らが何かをやらかすことは噂になっていた。当日、出番が近づいてくると芸の披露中の方には申し訳ないが、3人で教室を抜け出し、トイレで着替えてさあ出番だ。教室に入ると爆笑の渦で、あまりのすごさに僕らも笑い崩れてしまい、猛練習した「年下の男の子」の振り付けを完璧に披露できなかったことが、今も悔やまれる。

 

と、僕の小学生ライフにおいて欠かせぬ存在のキャンディーズで、今回の『夢、あふれていた俺たちの時代』では、ぬぁんとランちゃんが登場して昭和52年、1977年のキャンディーズについて語ってくれているのだ。「えーっ、知らなかった」と叫んだあなたはすぐに書店に走りなさい。

 

6ページを作り込んだ中には、キャンディーズの当時写真も使っているし、この連載特集の冒頭ページも3人のライブカットを使っている。もうね、やっぱりサイコーなのだよ。キャンディーズこそ我がアイドルであり、今回のインタビューで見たランちゃんは今もアイドルなのさッ。ファンの皆さん注目は、キャンディーズナンバーも多く披露するというコンサート・ツアーだ。チケットをゲットした方にも、この記事は必読ですぞ。ぜひっ
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*