子役・特撮ヒロインからアイドルとして活躍! 林 寛子の魅力いっぱい『トレジャーBOX』が11月下旬に発売。タメ年男の制作でお宝満載!!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。
 
5歳の頃から子役として活躍し、特撮時代劇『変身忍者 嵐』(’72) にもカスミ役でレギュラー出演。その後オーディション番組『君こそスターだ!』に出演、第1回グランドチャンピオンとなり、’74年3月にシングル「ほほえみ」でアイドル歌手としてデビューした、林 寛子さん。
 
石ノ森章太郎先生原作のスポ根ドラマ『がんばれ! レッドビッキーズ』(’78) では、少年野球チームの女子高生監督役として主演、まぶしい笑顔とユニフォーム姿で魅力全開! 「プッチンプリン」「リボンシトロン」「エッセンシャル シャンプー&リンス」 などなど、数々のCMにも出演されてましたよね~。
『昭和40年男』本誌にも、vol.54の連載インタビュー企画「俺たちのアイドル」でご登場いただきました。いや~、この時に掲載した写真もまさに可憐そのものでイイですね~。ご結婚後はかなりの毒舌キャラとして鳴らしていた時期もありましたが、アイドル全開時代のお写真を見ると、とにかくも~「カワイイっ!」の一言なんであります。
 
 
さて、そんな林 寛子さんの魅力をこれでもかとばかりに詰め込んだ、ファン垂涎・大歓喜!のスペシャルな商品が、復刊ドットコムからもうすぐリリースされますよ~! まさに “お宝” がいっぱいの、その名も『林 寛子 トレジャーBOX』!!  当初の予定から1ヶ月延期で11月下旬発売となりまして、現在絶賛予約受付中!です。
 
気になるBOXの内容は、新刊写真集や最新ロングインタビューブック、懐かしの「ウィスパーカード」をイメージしたピクチャー仕様のボイスCD、直筆サイン入りポートレート。そして、リリース発表当初は謎の「X」…!? とされていたアイテムも決定、公開となっておりまして… こちらは「リボンシトロン」CM出演当時の貴重な販促用下敷き! その復刻版が付属、ということで以上、この機会を逃したら手に入らない豪華5点セットとなっております
 
上は、BOXに封入の新刊写真集の表紙 (予定) とのこと。これまたイイですねぇ、ナイスですねぇ~、とこの表紙の写真からしてすでに高まりまくりなんですが、内容の方も間違いナシ!
 
雑誌『近代映画』の取材写真を中心に、未発表カット、プライベートカットなども掲載、入手困難となっている『近代映画じゃんぼ 林 寛子 グラフ集』(’76) から厳選したページを縮小復刻するコーナーもアリ… ということで、当時からのファンならも~辛抱タマランことでしょう!
 
 
…といったところで、今回の『トレジャーBOX』発売にあたっての、林 寛子さんご本人からのコメントもお届けしちゃいましょう。
 

 
■発売に寄せて、林 寛子さんのコメント
昭和49年3月に
アイドルとして
デビュー
あれから
かなりの歳月が流れました。
 
当時たくさんの写真を撮って頂きました。
その写真は
ファンの皆さんの
心の中にそっと思い出として残されて居るだけのもの
だと思っていました。
なので
今回このようなトレジャーBOXで、私のアイドル時代が蘇ることは
私にとって
夢のような事です。
 
皆さんのお手元に届くことであの頃の思い出を共有出来たら嬉しいです。
 
時を経て あの頃の私に又
逢えること、
とっても幸せです。
ありがとうございます。
 
林 寛子
 
う~ん、まさにアイドル感あふるるコメントでスヴァラしいですね!
 
今回のBOXは林さんご自身も監修されているということですが、アイドル時代の諸々がこうした形でリリースされることを、ご本人も大いに喜んでおられるご様子。なんだかこちらまで嬉しくなってきちゃうじゃあ~りませんか?
 
 
さてさて、そんなファンもご本人もWin-Winなナイスアイテム『林 寛子 トレジャーBOX』ですが、実はコチラを企画したのは『昭和40年男』本誌でもライターとして毎号執筆してくれている、ずばりタメ年の高島幹雄氏なんでありました。

これまでも復刊ドットコムで『ウルトラマン80 トレジャーBOX』『帰ってきたウルトラマン トレジャーBOX』といったマニアをうならせるこだわりアイテムを手がけ、こちらのニュースで紹介した『タッコング/ツインテール 写真集』など、飛び道具的 (?) な商品までも企画・構成してきた高島氏だけに、今回もきっとファン大満足の伝説的BOXセットに仕上げてくれることでしょう。期待大です!
 
最後に、高島氏からも企画のきっかけなどについて、コメントをいただきましたのでご紹介。

 
近代映画社に眠っている、雑誌『近代映画』に当時は掲載されなかった大量の未発表カットを使って、音楽CDで言うならば未発表曲を発掘するように未発表写真を盛り込み、また入手困難な『近代映画』本誌のページも入れ込みながら本ができないか?というのが最初の発想です。それをどなたでやろうかと、’70年代、’80年代アイドルのいろんな人の現況を近年の発売商品も含めてリサーチしていたところ、林 寛子さんを見つけました。見つけたと言うより再発見です。
 
録画してあったBSフジの『クイズ! 脳ベルSHOW』を夜中にたまたま見ていて、出ていたのが林 寛子さん。林 寛子といえば、『変身忍者 嵐』のヒロイン、『がんばれ! レッドビッキーズ』の野球チームの女監督というだけでなく『おれは男だ!』などのドラマにゲスト出演回も多く、’70年代前半に子役からアイドル歌手になった初めての、そして唯一の存在。CMにもたくさん出ていたな、ということが一気に頭の中を巡りました。
 
今はどうしているのかと検索してみたら、大田区で『林 寛子の店 カラオケサロン ラブリー寛寛』で毎日ミニライブをやっていたところ、コロナ禍で長期休業中とのこと。週2回の生配信で、お店の楽器ができ るスタッフの生演奏で歌っているFM八王子でレギュラーの番組もやっているということを知りました。
  
特に周年の記念の年ではないのですが、そのような今の林 寛子さんを知り、周年を待つより今だろう!と、林 寛子さんの新規編集セット商品を企画させていただきました。かつてファンだった人にもこの商品を見つけていただき、購入していただいて、ご自身のお手元において欲しい、懐かしく感じつつも新しい林 寛子アイテムです。

 
…といったワケで、現在形で林 寛子さんを応援しよう!という意味でも、ぜひオススメしたい『林 寛子 トレジャーBOX』。復刊ドットコムのWebサイトから予約、注文すると先着特典もアリ!ということなので、詳細は以下でチェックの上ゲット! 70’sアイドル全開の “カンコ” さんの姿、満喫しちゃってください!!
 
(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、復刊ドットコム  ニュースリリース より]

商品タイトル
林 寛子 トレジャーBOX
  
林 寛子 監修
 
発売元 : 株式会社 復刊ドットコム
予価  : 16,000円(本体価格16,000円 +消費税10%)
発売時期: 2021年 11月下旬
 
販売サイト
 
  
子役から女優、そして70年代アイドル……
“カンコ” こと林 寛子のキュートな魅力をパッケージする超限定アイテム!
林 寛子をこよなく愛するあなたに、
今、贈ります!
 
 
【概要】
◆子役時代に吉永小百合主演のホームドラマ『花は花よめ』(1971)や、特撮時代劇『変身忍者 嵐』(1972)などにレギュラー出演。その後、歌手デビューし、アイドルとしての活躍と並行しながら石ノ森章太郎原作のスポ根ドラマ『がんばれ!レッドビッキーズ』(1978)に主演するほか、CMタレントとしても活躍したキュートな70年代アイドル・林 寛子(はやしひろこ)。
 
◆子役〜特撮ヒロイン(『変身忍者 嵐』)を経て、アイドル歌手として活躍した稀有な存在でもあります。
 
◆林 寛子が歌手としての活動した期間(1974〜1978)と同じ頃に活躍していたのは、山口百恵、桜田淳子、浅田美代子、麻丘めぐみ、アグネス・チャン、キャンディーズ、松本ちえこ、リンリン・ランラン、木之内みどり、風吹ジュン、岩崎宏美、岡田奈々、片平なぎさ、ピンク・レディー、大場久美子、高田みづえ、榊原郁恵など。
TVでは、歌番組、ゲストの歌のコーナーがあった時代のバラエティ番組などに連日出演していた70年代アイドル。
 
◆CMタレントとしてのTV露出も多く、ピーク時にはサッポロ飲料「リボンシトロン」、グリコ「プッチンプリン」、「クリームコロン」、花王石鹸「カオーフェザーエッセンシャルシャンプー・リンス」など年間10本以上に出演!
 
◆”カンコ” という愛称もそのままに、現在もテレビのバラエティ番組、クイズ番組、ラジオのパーソナリティーなど、当時と変わらぬ魅力で活躍中。
ミニライブを毎日行うという、都内にあるご自身のお店「ラブリー寛寛」がコロナ禍で休業状態にあっても、生配信でライブを行ったり、SNSからの発信など、多くのファンに囲まれながら、アクティブに活動しています。
 
◆当社初の昭和アイドル系トレジャーBOXとして、林 寛子が駆け抜けた1970年代の貴重ショットで構成する新刊写真集、当時のグッズ復刻、新収録トークのボイスCDなどからなるモニュメント商品。
 
 
■収録内容(予定):
●アイテム1: 新刊写真集『林 寛子 70’s Memories』(仮題)
 B5サイズ / 本文48ページ(予定)
 
近代映画社の特別協力を得て、雑誌『近代映画』の取材写真を中心に、未発表写真、プライベートカットなども含めた新刊写真集。入手困難な『近代映画じゃんぼ 林 寛子 グラフ集』(1976年発行/B4判)より厳選したページを縮小復刻するコーナーも掲載!
 
 
●アイテム2: 新刊冊子『林 寛子 インタビューブック』(仮題)
 B5サイズ / 8ページ~12ページ(予定)
 
子役時代から出演した『花は花よめ』(1971)『変身忍者 嵐』(1972)『がんばれ! レッドビッキーズ』(1978)などのレギュラー出演、あるいはゲスト出演したTVドラマの思い出。
1974年レコード・デビュー後のヒット曲「素敵なラブリーボーイ」などのアイドル歌手時代の知られざるエピソードなど、秘話満載、「70年代のカンコ」を語る最新ロングインタビュー。
 
  
●アイテム3: ボイスCD
70年代の人気グッズ=ウィスパーカード(貼り付けられたシート・レコードからアイドルの声が聞こえるブロマイド)のイメージで、声を収録したピクチャーCDを制作。今回のインタビュー音声から、ナチュラルなトークをピックアップします。 
 
 
●アイテム4: 林 寛子 直筆サイン入り  ‘70s ポートレート
本商品をご購入の皆様へのプレゼントとして、1970年代当時の写真をポートレートにし、林 寛子さんご本人による直筆サインを入れて同梱いたします。
 
 
●アイテム「Ⅹ」
さらに!! ここでしか手に入らない、ファン必携の貴重アイテムを制作予定。何が出てくるかはお楽しみ! 詳細が決まり次第、復刊ドットコムの販売サイトにてお知らせしていきます!
 
※決定! → アイテム5: リボンシトロン下敷き(復刻/B5サイズ)
1975年~1976年にCM出演していたサッポロビールの清涼飲料水「リボンシトロン」(現在はポッカサッポロフード&ビバレッジに引き継がれている商品)の販促用下敷きを復刻。
  
(※筆者追記: BOX封入の各アイテムは、販売ページに写真掲載アリ!)
 
  
■復刊ドットコムのサイトでご予約、ご注文の方に先着特典!
復刊ドットコムで『林 寛子 トレジャーBOX』を購入すると、
先着でオリジナル特典をプレゼント! 
どんな内容になるかは、後日、復刊ドットコムのサイトで発表します。お楽しみに!
 
 
 
■林 寛子 プロフィール
(オフィシャルサイト  http://www.and-t.co.jp/hayashihiroko/#prof より)
 
1959年 10月16日、東京都大田区生まれ。堀越高等学校卒業。
児童劇団「日本児童」に所属、1964年から子役として活動開始。
1967年、NHK連続テレビ小説「旅路」の主人公の娘役に抜擢され、7歳で本格ドラマデビュー(「旅路」は最高視聴率64.2%を記録)。
その後も、その演技力を評価され数々のドラマ・映画に出演、人気子役に。
1972年の「変身忍者 嵐」(毎日放送 / NET)では、カスミ役で注目をあびた。  
 
1973年、14歳のとき、フジテレビ系オーディション番組「君こそスターだ!」に出演。
第1回グランドチャンピオンとなり、1974年 3月、シングル「ほほえみ」でキャニオン・レコード(現:ポニーキャニオン)より歌手デビュー。
キャッチフレーズは “そよ風みたいな女の子”。
早稲田大学と慶應義塾大学それぞれにファンクラブができ、大きな話題に。翌年、「素敵なラブリーボーイ」が大ヒット。一躍トップアイドルとなる。 
 女優としての活動も並行し、1976年には映画「恋の空中ブランコ」に主演。
1978年には、少年野球チームの監督を務める女子高校生に扮したテレビ朝日系ドラマ「がんばれ! レッドビッキーズ」が人気を博す。
グリコ乳業「プッチンプリン」、グリコ「クリームコロン」、サッポロビール(現ポッカサッポロフード&ビバレッジ)「リボンシトロン」、花王「エッセンシャルシャンプー&リンス」をはじめ、CM出演も多数。 
2003年11月、25年ぶりにシングル「晴れのち曇りそして秋」をリリース、音楽活動を再開。 2007年、東京大田区にカラオケサロン「ラブリー寛寛」をオープン。毎日、自らステージに立ち、ミニライヴを開催。歌とトークでファンをもてなしている。
 
  
八王子FM(Tokyo Star Radio)にて
『林 寛子のラブリーアイランド』が 毎週月曜日 22時〜 放送中。
 
YouTubeスノーヴァレーチャンネルで昭和歌謡ライブを生配信中。

 


 
■「昭和トリオ」SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko
 
『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna

 
 
※各世代向けのニュースや掲載希望の情報もお待ちしております!
 お問い合わせフォームからお寄せください。https://www.s40otoko.com/contact
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*