ドリフターズは高すぎる山?  〜6人目のメンバー入りなるか〜

 
素人コメディアン道場にでることになった俺。
ピンで勝負できるほどのいわゆる漫才的な実力がないことは
小学生とはいえわかっていた。
ドタバタコント系で勝負するのが、俺にとっては正攻法だったのだ。
クラスの人間を見回し、その時点で考えられるベストな人選をした(つもり)。

早速、台本書きに入った。
先生から原稿用紙が30枚支給された。
さすが学級会で可決されるとこうした優遇制度がつくのだ。
お楽しみ会の何十倍ものプレッシャーを感じながら
俺はものすごく燃えていた。
チャンピオンになってドリフターズに入る。
やっと長さんの目にとまるチャンスが巡ってきたのだ。
6人目のメンバーとなれるかもしれない。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*