ドリフターズは高すぎる山? 〜思いがけない親父の応援〜

台本づくりに熱中していた俺は
くどいようだが燃えていた。
これほど集中して学習机に座ったことはそれまでなかった。
あの日、仮面ライダーの変身ベルトを待ったときはポーズでしかない。
このときは、原稿用紙に一心不乱に書き込んでいるのだ。

心配した親父が夕食を囲む食卓で聞く。
「なんで突然勉強しているんだ?」
そうか、親父ちょっとうれしいのかも知れないと思いながらも
「実は…、かくかくしかじか…」
と白状した。
「へーっ、それはよかった。がんばれよ」
意外なことにたいそう喜んだ。

食卓
親父は食卓で俺に「がんばれよ」と言ったのだった

この食卓で初めて知ったのだが
NHKの喉自慢に何度もチャレンジしたことがあるのだと。
いいことだってすごく褒めてくれ、
燃えたぎる炎に油を注いでくれたのだ。
後日、俺の机の原稿を読んだらしく
「おもしろいじゃないか」
と言ってもらい、少しの自信になったのであった。

台本もでき上がり、選んだ2人とともに練習の日々を送った。
来る日も来る日も練習だった。
なんてったってクラスの期待を背負っているのである。
しかも、俺にとってはドリフターズへと続く一直線のレールでもある。
台本に議論を重ねながら熟成させていく天才お笑い小学生たちは、
まさに真剣そのものだった。

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*