ニッポン放送特番『伝説の箱根アフロディーテから50年 ~ピンク・フロイド貴重音源、奇跡の発掘~』7/29放送。貴重な証言もオンエア !!

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。
今から50年前の1971年8月6日~7日、箱根芦ノ湖畔で開催された「箱根アフロディーテ」。広大なスペースに設けられたメインとサブの2つのステージで並行的に演奏が行われ、“ミニ・ウッドストック” の様相を呈したという伝説のロックフェスです。ピンク・フロイドの初来日公演として知られ、トリで「原子心母」を演奏。“熱狂の夜” が繰り広げられたとか。

[関連]
「ライブとテクノロジーがもたらした音楽の大変革とは?
 大阪万博〜コロナ後までじっくり考察。」
 / ピンク・フロイド来日と音響テクノロジーの進歩

※箱根アフロディーテでのピンク・フロイドの大トリの際、同年に音響機器の運用サービス
 を開始したヒビノがシュアのスピーカーを提供したエピソードが登場します。

 
この箱根アフロディーテ50周年を記念して、ニッポン放送では明日 7月29日(木) 19時40分から特別番組『伝説の箱根アフロディーテから50年 ~ピンク・フロイド貴重音源、奇跡の発掘~』が生放送されます。
 
この放送では、ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンからのメッセージもオンエアされるとのこと。箱根アフロディーテでの「原子心母」の演奏を記録した16mmオリジナル・フィルムが発見され、その映像が8月4日(水) 発売の『原子心母 (箱根アフロディーテ50周年記念盤)』に含まれるBlu-rayディスクに収録されるのですが、この映像も観た上で当時を振り返った貴重な証言ということで、まさにファン必聴! そのメッセージの一部は、この後のニュースリリースにも掲載されているので要チェックです。
さらに、ピンク・フロイドから多大な影響を受けたという松任谷由実からのメッセージもオンエアされるとか。プログレやロックのファンはもちろん、当時の音楽シーンに興味のある方なら聴き逃がせない放送になりそうです。
 
 
また、箱根アフロディーテ開催からちょうど50年後の同日となる、来月 8月6日(金)、7日(土) の2日間には、箱根彫刻の森美術館にて「追憶のピンク・フロイド オーディオライブ」も開催されるとのこと。

『原子心母 (箱根アフロディーテ50周年記念盤)』の詳細も合わせ、ゼヒ以下のリリース内容もチェックしてみてください!

(昭和40/50年男 “Web担当A”) ※文中敬称略
 
 
[以下、ソニー・ミュージックレーベルズ  ニュースリリース より]

伝説のロックフェスから50年、あの “熱狂の夜” を振り返る、ニッポン放送特別番組『伝説の箱根アフロディーテから50年 ~ピンク・フロイド貴重音源、奇跡の発掘~』がいよいよ明日 7月29日(木)19時40分から100分間の生放送となるが、ピンク・フロイドのドラマー、ニック・メイスンと、ピンク・フロイドから多大な影響を受けた松任谷由実が番組に寄せたメッセージがオンエアされることが決定した。 
 
ニック・メイスンのインタビューは先週 7月22日(木)にロンドンと東京をZOOMでつないで収録されたもので、もともとインタビューすることが非常に困難なピンク・フロイドだが、初来日50周年記念特番のために急遽実現した。インタビューの中でニック・メイスンは当時を振り返り、今回新発見された映像と箱根の思い出をこう語っている。
 
「箱根アフロディーテはとても興味深いコンサートだったよ。私たちも結構長い間話題にしていたんだ。異色の経験だったからね。ミニ・ウッドストックという感じで演奏していてとても心地よい環境だった。私たちの日本での演奏の中でもベストの部類に入るものだ。映像も見たよ。素晴らしかったね。50年前の私たちがどんないでたちでどんな音をやっていたかをスナップショットのようにとらえていた。そして、初めて日本に行った時のことを思い出したよ。並外れた大冒険のような気がしていたからね。アメリカのツアーはやっていたけど、当時の日本は私たちにとっては本当に異国で、日本のことはあまり知るよしもなかったんだ。うちの孫たちはスシやサシミが大好きで日本料理店が大のお気に入りだけど、私たちは…(思い出し笑い)…生魚の載ったお皿が出てきたときには唖然としたものだよ。(笑)」 
 
「日本のファンの皆さん、箱根アフロディーテで私たちがプレイしてから50年が経ったことを、一緒に祝うことができて嬉しいよ。あれは、私が今でも大きな愛着をもって記憶しているギグの1つであることは間違いない。他のメンバーもみなそう思っていると確信している。出演できて楽しかったし、私たちにとっては異国情緒を満喫できた特別なアドベンチャーだった。」
今回の特別番組でパーソナリティを務めるのは、『箱根アフロディーテ』Aステージで進行を担当した亀渕昭信と、高校3年生で岩手から『箱根アフロディーテ』を観に行った伊藤政則。新たに発見された『原子心母 (箱根アフロディーテ50周年記念盤)』からの貴重な当時のライヴ音源をラジオ初オンエアするのはもちろんのこと、イベントの熱狂を実体験した当事者が伝説の夜を振り返る。ステージMCを担当した、伝説のラジオDJ・糸居五郎の当時の生々しいナレーションも本邦初公開となるので、そちらも大注目だ。 
 
番組では当時「箱根アフロディーテへ行った方」からのメッセージやピンク・フロイドに関するメッセージを pink@1242.com で募集。メッセージを寄せていただいた方の中から復刻Tシャツなど、この日のみの特別なアイテムもプレゼントする。 
 
 

【ニッポン放送 特番について】

伝説のロックフェスから50年、あの “熱狂の夜” を振り返るニッポン放送特別番組

■番組タイトル:
  『伝説の箱根アフロディーテから50年 ~ピンク・フロイド貴重音源、奇跡の発掘~』

■放送日時  : 2021年 7月29日(木)19時40分~21時20分 生放送 
■パーソナリティ  : 亀渕昭信、伊藤政則 
■番組メールアドレス: pink@1242.com 
◆radikoタイムフリーURL: http://radiko.jp/share/?sid=LFR&t=20210729194000
 
 

【箱根アフロディーテについて】

ロック界のレジェンドとして世界的名声を誇ったピンク・フロイドの初来日公演としても知られる、伝説のロックフェス『箱根アフロディーテ』。その会場になったのは、箱根芦ノ湖畔にあって成蹊学園の寮になっている約6万坪の乗風台。広大な敷地の一部にメインステージを設け、数百メートル離れた窪地にやや小さいステージを作って、それぞれ山ステージ、谷ステージと呼んで、並行的に演奏がおこなわれた。イベントにはピンク・フロイドのほかにも日本側からハプニングス・フォー、モップス、赤い鳥、ダークダックス、渡辺貞夫グループをはじめ10数アーティストが参加。海外からは「トレイン」がヒット中だったバブルガム・ロックの人気バンド “1910フルーツガム・カンパニー” や、「サークル・ゲーム」がチャートインしていたフォーク・シンガーのバフィー・セントメリーも出演した。
ピンク・フロイドの初来日公演時の「原子心母」の映像は、マスターの行方や撮影されたいきさつも含めて長年の間「謎」に包まれていた。しかし、遂に当時の16mmオリジナル・フィルムを発見。長い年月をかけてデジタル化、レストア、リマスターを施し、ピンク・フロイド側との交渉の末、遂に50周年のタイミングで日本のみの商品化が実現。来る 2021年 8月4日 に『原子心母 (箱根アフロディーテ50周年記念盤)』が発売される。
 
▼Pink Floyd – Atom Heart Mother (Hakone Aphrodite 1971)
 「Original VS New Discovered Film」
*現存していた映像と新発見映像との比較映像となります
(実際の本編から映像は抜粋、音はライヴのエンディングの部分を合わせています) 
  
▼Pink Floyd – Scott & Watts (snippet without audio)
 from Atom Heart Mother (Hakone Aphrodite 1971)    
(箱根アフロディーテB-roll 映像ダイジェスト。こちらの映像には音声を収録しておりませんが、
 実際の商品映像の背景には「エコーズ」が使用されています)

 
  
■ピンク・フロイド『原子心母 (箱根アフロディーテ50周年記念盤)』についての詳細はこちら
 https://www.110107.com/pinkfloyd_AHM50th
 

【プロダクツ概要】

■ピンク・フロイド『原子心母 (箱根アフロディーテ50周年記念盤)』
 Pink Floyd / Atom Heart Mother (Hakone Aphrodite 50 Anniversary Edition)
2021年 8月4日発売  SICP-6396~7(CD+BD 2枚組) 6,600円(税込) 6,000円(税抜)
完全生産限定盤/日本独自企画/7インチ紙ジャケット仕様/5大特典封入      

(商品のご予約はこちら: https://SonyMusicJapan.lnk.to/PF_gjb
 
収録内容:
CD:アルバム『原子心母』/
Blu-ray:「原子心母」(箱根アフロディーテ1971)+
      「スコット&ワッツ」(箱根アフロディーテB-roll)
 
 
<DISC1: CD>
原子心母 Atom Heart Mother 
1. 原子心母
 (父の叫び / ミルクたっぷりの乳房 /
  マザー・フォア / むかつくばかりのこやし / 喉に気をつけて / 再現)
2. もしも
3. サマー’68
4. デブでよろよろの太陽
5. アランのサイケデリック・ブレックファスト
 (ライズ・アンド・シャイン / サニー・サイド・アップ / モーニング・グローリー)

 
 
<DISC2: Blu-ray Disc>
1. 原子心母(箱根アフロディーテ1971)  16:08
2. スコット&ワッツ(箱根アフロディーテ B-Roll <ボーナス映像>) 3:11
 
  
<ピンク・フロイド初来日、箱根アフロディーテ50周年を記念したスペシャル・パッケージ>
 
■ピンク・フロイド初の7インチ紙ジャケット仕様(当時の来日記念帯復刻)
 
■当時の未発表写真を多数発見! 日本独自スペシャル・フォト・ブックレット他、5大特典封入
 ①「未発表写真満載! 全60P スペシャル・フォト・ブック」
 ②「箱根アフロディーテ・パンフレット」復刻
 ③「会場案内図チラシ」復刻
 ④「大阪公演ポスター」復刻
 ⑤「箱根アフロディーテ・チケット」復刻
 
■デジタル・ブックレット『追憶の箱根アフロディーテ 1971』
(商品封入されているアドレスからアクセスしていただくと、箱根アフロディーテの関係者や目撃者たちの証言、体験談、貴重秘話、血と汗と涙の物語を収録したスペシャル・ブックをご覧いただけます: 亀渕昭信(当時オールナイトニッポンDJ/アフロディーテ Aステージ進行担当)/ 立川直樹 / 伊藤政則 / 佐々光紀(当時ニッポン放送制作部副部長/箱根アフロディーテ制作総合プロデューサー)/ 井村文彦(当時ニッポン放送事業部主任)/ 日比野宏明(ヒビノ株式会社取締役会長)他)
 
 
■ピンク・フロイド限定復刻「箱根アフロディーテ」Tシャツ・プレゼント!
・対象  : 8月4日発売となる
       ピンク・フロイド『原子心母(箱根アフロディーテ50周年記念盤)』購入者  
・応募方法: 上記商品の「初回生産分のみ」に封入されている応募券をハガキに貼って応募。
       抽選で300名様にプレゼント(詳しくは商品封入の応募券をご確認ください)  
・応募締切: 2021年 11月1日(消印有効)

(*注意事項: 特典のお届け先は、日本国内に限らせて頂きます。予めご了承下さい。
        当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。)
 
商品のご予約はこちら: https://SonyMusicJapan.lnk.to/PF_gjb 
 
 
更に、対象店にてお買い上げの方には先着でスペシャル特典もプレゼント。また同時開催でオリジナル・アルバム紙ジャケットシリーズ15タイトルを対象とした旧譜キャンペーンも実施。どちらも箱根アフロディーテ絵柄の貴重な特典となっている。
(対象店と特典内容は下記をご参照下さい。特典には限りがありなくなり次第終了となりますので、下記ご案内をご一読の上、お早めにお買い求めください!)
https://www.sonymusic.co.jp/artist/PinkFloyd/info/531386
 

【リンク】

■ピンク・フロイド『原子心母 (箱根アフロディーテ50周年記念盤)』特設サイト:
 https://www.110107.com/pinkfloyd_AHM50th
 
■ピンク・フロイド 日本公式: pinkfloyd.jp
 
■ピンク・フロイド・バイオグラフィー: http://www.pinkfloyd.jp/profile/
 

【彫刻の森美術館イベント!】 

50年後の箱根で甦る! ピンク・フロイド 箱根アフロディーテ50周年記念「追憶のピンク・フロイド オーディオライブ」が50年後の同日 8月6日、7日、箱根の「彫刻の森美術館」で開催!
 
詳しくはこちら
https://www.hakone-oam.or.jp/specials/2021/tsuiokunopinkfloyd/
 

 


 
■SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

『昭和45年女・1970年女』
 Twitter     @1970onna https://twitter.com/1970onna
 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*