我が街のクレクレタコラ!!

以前もつぶやいたが、昨今の雑誌業界において、このネタで4ページも使って大真面目にお送りする編集部は皆無だろう。もうすぐ次号が発売になるタイミングだが、発売直前の今日の時点では最新号として君臨しているvol.67の連載特集『夢、あふれていた俺たちの時代』で切り取った昭和48年の出来事から、同年10月に放送が始まった『クレクレタコラ』で、脚本家としてデビューした柏原寛司さんにじっくりと話を聞いているのだ。

 

彼は昭和48年のデビュー以降『傷だらけの天使』や『探偵物語』などのアクション・ハードボイルドから『ルパン三世』などのアニメ作品の脚本にも関わっているから、俺たち世代はずいぶんとお世話になった方だということになる。ここに挙げた作品での取材ならわかるが、よりによって『クレクレタコラ』で取材を受けるとは、きっと柏原さんもびっくり仰天だったのではあるまいか。とはいえ記念すべきデビュー作だったのだから、きっとご本人は悪い気分はしないだろう。僕は現場に付き合えていないが、文章からその様子がうかがえる。

 

で、今日のビジュアルなのだが、なんとかわいいタコラ (!?) だろう。コロナ対策のマスクがちょっぴり痛々しいが、ここは天祖神社と下丸子児童公園がドッキングしたパワースポットで、毎朝通っては彼に癒されている。そこで今回記事にしてみて、ご本家『クレクレタコラ』との関係性がゼロでないのではないかとふと思った。この我が街タコラをデザインをした方は、『クレクレタコラ』が記憶の残像として残っている僕世代ではあるまいか。もしくは採用した職員が僕世代? そして彼らは最新号を読んで微笑んでいる? な~んてタコラの記事のおかげで、思考の旅に出た僕だった。

 

記事では、“やばいタイトル&ストーリー” という囲みを作っている。その1つをご紹介しよう。今となっては、子供向け番組で絶対つけられないタイトルの「死んでもらいますの巻」でのストーリーはこうだ。タコラはピラゴンが持つ絵本を欲しがるも、再三返り討ちにあう。日本刀での真剣勝負でついにピラゴンを倒すが、本の中身が酢ダコの作り方だったという、チャンチャン。こんな感じであと3つ掲載しているのだが、それらもぶっ飛んでいるから本誌で再確認してくだされ。「なにいっ、まだ買ってないっ?」ならば今すぐ、9日発売のvol.68と一緒にご購入くだされ。そこか〜っ!!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*