ホーム > プロデューサーのつぶやき > サム・クックを聴きながら。

サム・クックを聴きながら。

2011 年 3 月 5 日 プロデューサー コメント

白い帽子をかぶった黄金に輝く愛しい君。久しぶりだね。もうずっと会えないかと
思ったよ。こんなに愛しているのに、運命ってやつは非情だね。でも今夜、僕は
君を離さない。そして僕たちはそっとそっと唇を近づけて、永遠に続くようなキスを
した。そう、夕べのことです…。

 

ぶはーっ、あーうまいっ。初めて飲んだときみたいな味のビールちゃん、会いたかったよーっ。
ずっと炭水化物を中心の食料を胃に送り込んでいた日々をあざ笑うかのように、テーブルには
多くのつまみたちが踊っている。普通に暮らしていればただに晩酌である。人間の気持ちって
ヤツはおもしろいもので、我慢を溜め込んだその分だけキチンと感動になって戻してくれる。
疲れが一杯ごとに抜けていき、結局気が付いたらもうすぐ朝だよ。よーし、寝だめするぞーと
ベッドにもぐりこんだ。どのくらい深い眠りだったのか自分では分からないが、パッと気持ち
よく目覚めた。結局5時間しか眠っていない(笑)。うーん、寝だめするのじゃと目をつむったが、
今日はオフだ。次いつ来るか分からないと思うともったいなくなってしまい、瞬間的にかわいい
瞳を開けてベッドから飛び出した。晴天なり。我、本日我完全休止なり。

 

なんの予定も入れていない。近所をブラブラして、ご飯食べて、ヘッドホン越しでばかり
聴いていた音楽をスピーカーから鳴らし、新聞全ページに目を通して、ギターをかき鳴ら
し、テレビでニュースを見てと、なんともただの休日である。これを書いたら多摩川に
散歩に出かけて、1時間かけて風呂に入って晩酌するのだ。なにが食べたい? こういう
ゆったり気分の日は、他のメニューはなにも考えられない。湯豆腐しかないのじゃ。
ダラダラとテレビと音楽を楽しみながらずーっと湯豆腐で呑む。

 

なんと贅沢な時間の使い方なのじゃ。できればこの時間を昨日もらえたらもっといい
原稿が…、なんて無粋なことを考えてしまう自分を責めながら、ギターを弾くのさ。
時間の流れそのものがご褒美に思える、そんな今を満喫しているのだ。今日みたいな
いい気分で、疲れきっている自分を癒すときにかける音楽ってだいたい決まっていて、
ストーンズとかフェイセス的なちょっぴり黒っぽいホワイトロックがまずあがる。あと聴き
たくなるのは歌もので、リッキー・リー・ジョーンズとかサム・クック、トムウェイツ、フェイ
セスとかぶるけどロッドの古いヤツとかに指名が入る。あとはやっぱり古いブルースっぽい
ジャズでオスカー・ピーターソンがいい。だいたいこのへんをかける。あっ、ちなみに今は
サム・クックがいい声出してまっせ。間違ってもジャニスとかヘンドリックス、シカゴや
デトロイトブルースにはいかないんだよ。気持ちが凪だからなんでしょうな、刺激が強すぎて。

 

さあ、次はなにをかけようかななんて迷っている時間とか、なんだかすげー贅沢に使って
いるようで世界一の幸せ者に思えてくる。と、そんなオフを過ぎしているけど明日からは
また戦闘モードにスイッチを入れるのじゃ。ですから神様、どうかこの幸せ者をお許しくだ
さい。さて、それでは完全オフの続きを楽しませてもらおう。多摩川散歩に行ってきま〜す。

  1. avatar
    なおパパ
    2011年 3月 6日 12:22 | #1

    今日、ラジオ「熱血訪問クリニック」で紹介されているのを聴きました。
    僕も昭和40年生まれです。
    このような本があるとは知りませんでした。
    本の存在に、ただただ感動感動・・・

    昨年から落ち込む事が多かった日々を過ごしてきましたが、
    俺も頑張らんといけんのぉって、落ちこんどる場合じゃないのぉって感じました。

    この本は広島でも買えますか?

  2. ラジオ聞いてくれたのですね、ありがとうございました。どうでしたか、僕のトークは。何せ自分のとこはエリアじゃないから聞けないんだよね。でも、本の存在を知ってもらえたのは感激っす。11日が発売ですので、ぜひ書店をのぞいてみてください。

    avatar
    プロデューサー