編集長のつぶやき

追悼、古葉竹識監督。

今日は発売直後の恒例つぶやきの大編集後記をお休みして、古葉竹識監督へ哀悼の意を捧げたい。昭和50年に広島カープを優勝へと導いた。前年までの3年連続最下位に続き、この年も不調続きだったところでシーズン途中からタクトを握り、

編集長のつぶやき

INXSで巣篭もり!!

巣篭もりゴールデンウィーク企画として、洋楽レコメンドアルバムを4夜連続でお送りしたい。僕がここでよくつぶやく、ロッド・スチュワートやクイーン、エアロスミスにストーンズのような王道でなく、ちょっと癖あり訳ありな存在をオスス

編集長のつぶやき

サブマリン登場 〜大編集後記。

  最新号について、昨日もFM世田谷で語らせてもらった。当然ながら、このつぶやきでもPR活動を繰り返す僕で、今日も大編集後記をお送りしよう。   山田久志さんの登場である。野球漬けだった俺たちにとって

編集長のつぶやき

泉 麻人さんと巡る東京 〜大編集後記。

最新号はご覧いただけただろうか。表紙が普通にかっこいいのが物足りないとのご意見をいただいて、我ながら『昭和40年男』とは奇異な雑誌だなと思っている今日だ。去年の今頃はウルトラの母で表紙を作った。前号は『巨人の星』である。

編集長のつぶやき

昭和野球で総集編を12日リリース!!

『昭和40年男』の臨時増刊の発行を続けていて、つい先日こいつが完成した。今回はご覧の通り野球で勝負だ。 表紙に使った写真がバッチリ俺たち世代じゃないか。昭和40年男にとって巨人V9時代より、それ以降の方が感情移入できる。

編集長のつぶやき

カープ愛を分かち合う。

広島からうれしい包みが届いた。書かれたメッセージのごとく遅ればせながらになってしまうが、広島東洋カープファンの皆さん、三連覇おめでとうございます。セ・リーグでは巨人以外にリーグ三連覇のチームはおらず、市民球団の快挙である

編集長のつぶやき

カープ優勝おめでとうございます。

ご周知のとおり、広島東洋カープがセ・リーグ連覇を決めた。途中離脱した鈴木選手がユニフォーム姿で登場したり、監督の胴上げが延々と続いたりと泣ける要素であふれていた。2位タイガースの本拠地にもかかわらず、広島への応援の声が響

編集長のつぶやき

広島が好きだ。

もしも東京を奪われることになったらどこに住む。なんだか最後の晩餐は何?ってのと通じるような問いかけですな。僕はもう何年も前から迷わず博多と答えている。全国各地を訪れる機会がある仕事のおかげで多くの街を知っていて、博多以外

昭和40年男 トランシーバー
編集部員のぼやき

【ついに発売! 昭和40年男 2016年10月号】「◯◯、どーぞ!」と言ってみたかったトランシーバー。

昨夜の広島戦、手に汗握りながら観戦しました。本当によかった~! 広島カープというと、1975年の優勝について話を聞いた古葉監督の取材をどうしても思い出してしまいます。物静かで大変に紳士な古葉監督が、あの当時のことを淡々と

編集長のつぶやき

広島カープと昭和40年男。

ファンのみなさま、いよいよ秒読みとなってまいりましたな。我がタイガースは来シーズンに向けて走っております (笑) 。 今回リーグ優勝すると25年ぶりとのことだ。ひぇー、四半世紀だよ。長い年月待ち続けたファンの方々にとって

編集長のつぶやき

野球中継は昭和の原風景!?

今年のセ・リーグはとんでもないことになってますな。これほどの混戦のままで、まさかの9月下旬を迎えようとしているのだから。ここからは見所満載の試合が数多く展開されることだろう。ファンにはたまらない日々となる。 プロ野球に興