編集長のつぶやき

外食の想い出にひたる昭和40年男。

昭和40年男にとって外食は一大イベントだったはず。俺たちの幼少時は、現在とはずいぶんと異なる外食事情だった。マクドナルドやファミレスがごく自然に街に存在するようになり、気軽に楽しめるようになったのは、もうずいぶん大きくな

編集長のつぶやき

創刊2号『20世紀』の棚取り!!

『昭和40年男』以来となる定期刊行誌『20世紀』が昨日発売となった。福山さんがめでたい話をする、なんてったって大安だ。昨日は何軒もの書店を巡って棚取りを確認してきた。広告宣伝費が無い僕らにとって、書店の棚こそがターゲット

編集長のつぶやき

おバカな昭和40年男女の集い!!

先週の読者の集い『浅草秘密基地』は、いつも以上にバカバカしく盛り上がった。毎週月曜日に欠かさず行なわれている宴だが、旗日は会場となるショットバー『FIGARO』が店休だから開催できない。だが先週はマスターに無理を言って店

編集長のつぶやき

早くも師走気分の昭和40年男。

『20世紀』の第2号が刷り上がった。カワイイヤツが全国へ向けて旅立っていったのだ。会社でもこんな感じでまだ発売間もない『昭和40年男』の最新号と仲良く並んでいる。この名コンビが日本中で大暴れしてくれることを祈りつつ、ソワ

編集長のつぶやき

シンプルな湯豆腐が染みる昭和40年男。

暑さ寒さも彼岸まで。となれば、我が家の食卓にはコイツが登場する。一旦シーズンインしてしまうと、彼岸どころかゴールデンウィークあたりまで続く。そこから約4ヵ月のシーズンオフを経て、今年も見事に帰ってきてくれた(喜)。これよ

編集長のつぶやき

彼岸に思う家族のあり方。

家の前の土手には彼岸花が咲き乱れている。異常気象でもキチンとタイムキープ出来ているのですなあ、偉い偉い。一昨日より彼岸でそろそろお墓参りなんてタメ年諸氏も多いのでなかろうか。 僕は長男なので「墓を守る」という言葉を親父か

編集長のつぶやき

44歳の自分と50歳の自分。

自分ではまったく気が付いていなかったが、つい先日読者さんより「ブログ6周年おめでとう」とのメッセージをいただいた。そんなに経つのですな。あらためて時の流れの早さに驚愕してしまう。44歳だったのかと周囲にいる当時のタメ年を