【懐かしの名盤】ポリス『Synchronicity/シンクロニシティー』(3/6)

不定期連載企画、懐かしの名盤ジャンジャカジャーンのシリーズ第8弾は、ポリスでお送りしている。僕が彼らの素晴らしき世界に触れたのは、デビュー翌年の1979年『Reggatta de Bianc / 白いレガッタ』からシングルカットされた「孤独のメッセージ」だった。おそらく多くの昭和40年男たちの記憶に残っていることだろう。続いてカットされた「ウォーキング・オン・ザ・ムーン」や、さかのぼって聴いたデビューアルバムに収録されていた「ロクサーヌ」などに触れ、すっかりポリスの虜になった。

この不定期連載で何度か触れている、’70年代後半のロックシーンは実にドラスティックに動いた。まるでロックの神様がシナリオライターかのごとく、偶然で片付けられない騒ぎが数多く点在していて、以前にもこんなことこんな風に書いた。ポリスがデビューして、僕たちの心を鷲掴みにした ’78〜’79年のシーンに絞って眺めてみると、ディーヴォがファーストアルバムを出していて、ちょうど同じ年にディスコサウンドを放ったストーンズをあざ笑うかのように「サティスファクション」をカバーしている。カーズ、スペシャルズ、プリテンターズなんて粋なヤツらが次々と現れ、「マイ・シャローナ」を送り出したナックは第2のビートルズなどとのキャッチコピーがつけられもてはやされた。ニコレット・ラーソンやリッキー・リー・ジョーンズのようなレーベルの威信をかけて投入されたものや、J・D・サウザーなんかのムード歌謡… じゃなかったAORもガンガン来ている。そんな百花繚乱のごときシーンの中で狂ってしまった大物はストーンズだけでなく、ザ・フーも『フー・アー・ユー』なるこれまた摩訶不思議なアルバムを出し、ここからシングルカットされたタイトルチューンは、なぜか国内のヒットチャートを駆け上がっていた。同じく大物のピンク・フロイドはさすがで秀作『ザ・ウォール』を大ヒットさせ、シングルカットした「アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール (パート2)」は国内ヒットチャートで暴れていた。こうして並べると、僕ら昭和40年男がいかに幸せなのかと再確認させられる。凄まじい勢いと商魂たくましい連中を吟味しながら、音楽の魅力にドンドンハマっていったのだから。こんな賑々しいシーンの中でポリスは、頭1つどころか3つくらい飛び抜けた別格の凄みを持っていた。

まだまだロックの歴史は浅かった。ファーストジェネレーションとなったジミ・ヘンドリックスやジャニス、ディランのような天才たちが、音楽に常識なんかねえぜとまずリードしていった。一方やや遅れた感じで、天才がインテリジェントを兼ね備え、練り上げながら音楽をつくっていくビートルズに代表されるミュージシャンたちが生まれて、ロックが歩んでいくべき方向性を示唆した。これを受けてツェッペリンやザ・バンドといった不良インテリジェントが出てきて、天才破滅アート系とインテリコンテンポラリー系、不良インテリジェント系の三つ巴のカタチが ’60年代後期に出来上がり、それぞれをブレンドしながら新しいミュージシャンが次々と現れては消え、ロックそのものが進化を続けていったのが ’70年代で、その後期に必然のごとくポリスはシーンに飛び込んできた。

ポリスの奇跡は、3人が3人ともスーパーインテリジェントであったことで、とくにその司令塔であるスティングのインテリ具合といったら、クイーンのフレディやジミー・ペイジなんかでもかなわないのではないだろうか。ビートルズを超える存在になり得る可能性を持ったバンドは、ロックの歴史上でポリスだけかもしれない。(続く)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*