エッチな顔の昭和40年男。

土曜日だし、今日はのんきにつぶやくことにしよう。のんびりとお付き合いくだされ。

 

僕は写真に撮られるのが昔から嫌いだ。だからだろう、必要に迫られて撮るとこんな写真になってしまう。これは、日刊ゲンダイに記事を書いたときに、社のスタッフに撮ってもらったものだ。まあ、元が元なんだからこれでいいだろうと掲載したわけだが、新聞を買ってくれた友人から「なんであんな写真を載せたのだ」と非難の声がいくつか届いた。なんでと言われてもこれが精一杯なのだが、さらに「エッチな記事が周りをかためていたから、わざとそんなエッチな顔にしたの?」と来たもんだ。それって、僕がエッチな顔だと言われているようなものじゃないか、やれやれ。

 

毎朝気合を入れるために鏡で見る自分は、もうちょっとイケメンだ。目力があって惚れ惚れする…って、そんなことないな。でも確実に加齢を感じさせる顔を前にして、これはジタバタしないとマズイと思えている毎朝である。

 

取材の現場では、感心させられることがある。例えば上の写真で僕が持っているvol.66の表紙を飾ってくれた小泉今日子さんの撮影では、そのポージングや表情のつけ方に驚愕するほどで、まさに「ヤマトナデシコ七変化」でドキッとするほどいい女から、カワイイ美少女までを様々に表現することができる。プロだ、これぞプロである。ちょっと自慢のカットになるが、僕と撮ったツーショットはまさに美少女である。うーむ、ホレボレだ。

 

でもね、徐々にだけどメディアに取り上げていただくことが増えているし、一昨日ツイッターで上げたとおり新連載では動画のリリースを予定している。鏡の中の自分を見て思うだけでなく、仕事上でも色々と磨かねばならぬと迫られているのだ。加齢道を猛スピードで突っ走っているところだから、がんばってもせめてそのスピードを若干落とす程度かもしれんが、努力しているんだという意識が大事なんだともわかっている。まずはカメラ写りを意識したポージングと表情作りの練習からスタートさせようっと。ファイト!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*