ドリフターズの存在。

ミラーマン、スペクトルマン、ジャイアントロボ、
マジンガーZ、ゲッターロボ、キカイダー、ガッチャマン、
ゴレンジャー(俺はいまだに自分を黄レンジャーと呼びカレーを頬張っている)などなど
仮面ライダー以外にも正義の味方は次々と現れては消えていったが
“なりたい”という夢の対象にしたのは仮面ライダーが最初で最後だ。

以前書いたとおり、V3で現実を知ってからは
“なりたい”から見るのではなく
“おもしろい”から見る“テレビ番組”へと
自分自身でシフトさせていった(のだろう)。

そんな成長したオレが次に憧れたヒーローは
お笑い芸人と歌手であった。
本気で見られる熱くなる夢としても
次々と憧れの対象が現れた。
その中でも、8時だよ全員集合のドリフターズの存在は俺にとってきわめて大きい。

ドリフターズ

『昭和40年男』定期購読のご案内

2件のコメント

  1. >t-ichiraku1965さん
    メッセージありがとうございます。
    なにかで読んだのですが、ゲッターロボって仮面ライダーの“変身”の要素とマジンガーゼットの“ロボット”の要素をまぜこぜにしたものを作れという指示だったとか。
    パイルダーオンを完全に凌駕したあの合体はすごくワクワクしました。

    バビル二世はのテーマ曲は確かに名曲ですよね。
    今も1番なら歌詞カードなしでいけます(笑)。

    ロプロス、ポセイドン、ロデム。
    あー、懐かしい。

  2. 同感です。 ドリフは毎週の日課でしたね! ひげダンスなんか、学校で真似て踊っていました。
    ヒーローの中でしたら、私は『 バビル二世 』です。 シモベを従い、活躍するところと、あの歌が、勇気をもらいました。
    あーーーーケッターロボなんて、なつかしい~。 

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。