ブルース・スプリング・スティーンとライトニン・ホプキンス。

最新号は好調が続いているようだ。購入いただいた皆さんはぜひ感想を送ってくださいね。

最新号のPRで『チャボさんのインタビュー』と題して書いたときに、チャボさんのライブビデオを見ている写真を使った。何気なく我が家の壁が紹介されてしまったかっこうになったが、アナログ盤とCDをポスター代わりに飾っている。これに対してウレシイつぶやきがあった。「編集長がチャボさんの映像を見ている部屋に『明日への暴走』や『MOJOHAND』のジャケットが!! こりゃ信用できる。一気に期待が倍増した。待ち遠しい!」と。狙ったわけでなく日常を切り刻んだだけに過ぎないが、その日常こそが雑誌には影響する。編集長という立場でタクトを振っている以上、僕の嗜好が誌面に反映されるのは当然のことだ。今回の特集で表紙にキヨシローさんを持ってきたのは、当然自分自身の主張である。もしも、RCを聴かずに育った僕だったら、この表紙も巻頭もなかったかもしれない。ひょっとすると音楽部門は、世良公則さんとかサザンで編集していたかもしれない。その方がマスだしね。マスばかりを狙うわけでなく、主張によって雑誌の個性としていくことも重要なことで、だから責任重大で、いつも迷い悩み苦しんでいる。

僕が読者の側にいたら、この方と同じ感想を持っただろうと不思議と納得してしまった。ホント、狙ったわけじゃないが、確かに『MOJOHAND』を愛している人間がつくっている雑誌の表紙をRCが飾っているのは、ものすごくシンパシーを感じるもの。って、自分だからあたり前か。

ちなみに、うちの壁にはあと2枚のアナログ盤が飾ってある。ひとつはザ・バンドの『ミュージック・フロム・ビック・ピンク』で、ボブ・ディランが描いた絵で有名なジャケットだ。もう1枚は、そりゃあ当然RCの『ブルー』でしょう!! 偶然の写真ながらブルーが入らなかったのは、このコメントをいただいて胸を撫で下ろした。だってね、そこまで見せられたら逆に狙っていると思って、信用なんかしないでしょう(笑)。

『昭和40年男』創刊10周年オリジナルグッズ 好評発売中!

2件のコメント

    • 先日キロロリゾートの話題で盛り上がりました。苗場プリンスとかもそうですかね。ハングリーだった僕はあまり享受できなかったので、ご指導願います(笑)。

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*