ストップ!! ひばりくん! スゲエ。

編集部にはこうしたお宝がゴロゴロしている。今日は久しぶりにひばりくんの世界を広げてみたのだが、いやー、今日のタイトルどおりスゲエ作品だ。少し以前にも『すすめ!! パイレーツ』を見つけて、“圧倒的にすばらしいリズムとセンス” だとつぶやいた。ひばりくんではさらに進化していて、もうこれは神領域だとあらためて感嘆しているところだ。

 

加えて、時代の先取りである。トランスジェンダーなんて言葉が今のように交わされる以前の昭和に、ギャグマンガで投げ込んできたのはこれまたすごすぎる。『3年B組金八先生』が衝撃的に取り上げた20年も前に、江口先生は極めて自然に、しかも笑いの中で描いているのだ。高校生だった当時の自分も、きっとひばりくんのような存在はいると自然に思えたし、もしも目の前に現れてその事実を知ってしまったとしたら、耕作とまったく同じ複雑な悩みを抱えるだろう。うなずきながら深く共感して読んだ僕で、こんなモンスター作品を最も多感な頃にぶっこんでくれた江口寿史先生に、今日あらためて敬礼である。

 

『すすめ!! パイレーツ』と同様に、登場する女の子たちのかわいいこと。だが、そんな中でひばりくんはどのキャラよりも光り輝いている。さらに喧嘩に強いし、楽器もうまい。そしてさっぱりとした性格に描かれているのも、魅力を倍加させる。そろそろ『少年ジャンプ』からは卒業かなというお年頃の僕だったが、この作品にがっちりと引き留められたことや、連載の中でもっともワクワクしながらページをめくったことまでフラッシュバックした。

 

さて、なんで『ストップ!! ひばりくん!』を引っ張り出したのかが問題ですな。それはね、つい先日副編の竹部が江口先生にお会いしてきて、その際に話した内容の報告を受けたからだ。自分を形成しているピースの1つに、しっかりと刻まれていると言えるほど尊敬する江口先生だから、僕にとっては驚愕の報告だった。言えない。まだ言えないと、こんな風につぶやくのは極めてずるいと自分でわかっていながら、その日が来た時の伏線を張っておきたくなったのさ、フッフッフ。さてさて、果たしてうまくいくかも含めて、初夏の俺たちに乞うご期待ですぞ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*