レコードで感じた東京、昭和歌謡の風景を巡る『東京レコード散歩 追歩版』3/31発売! タメ年のアーカイヴァー・鈴木啓之の散歩コラム。

おはこんばんちはです。「S40ニュース!」をお送りします。

TBSラジオ『伊集院光とらじおと』の「アレコード」のコーナーや、BSテレ東『武田鉄矢の昭和は輝いていた』にも度々出演、昨年は東京・南町田スリフトモール内に中古レコード専門店「MUSIC GARDEN」もオープンさせた、アーカイヴァーの 鈴木啓之氏。

実はズバリ1965年生まれ、タメ年の昭和40年男で、『昭和40年男』本誌にも記事執筆の他、レコードを中心に様々な資料提供で協力、『昭和50年男』では連載「帰ってきた8cm CD」も担当してくれており、読者は度々その名を目にしているのではないかと思います。
そんな鈴木氏の著書『東京レコード散歩  追歩版 ~昭和歌謡の風景をたずねて~』が来週、2021年 3月31日(水) に、東京ニュース通信社より発売されます。帯文は小西康陽氏。
 
昭和歌謡の舞台となった東京のあの街・この街を訪ね、懐かしく、かつ次世代に伝えていきたい曲にまつわるエピソードを語っていく本書。2016年に刊行、同名のオムニバスCDシリーズもリリースされた書籍の追補版= “追歩版” として登場です。
 
銀座、原宿、六本木、赤坂、渋谷、新宿、池袋、東京タワー、羽田空港… と原書で巡った内容にプラスして、柴又編、下北沢編、横浜編が新たに収録されているとのこと。
 
東京の地名や名所がタイトルや歌詞に登場する歌、ジャケットに街の風景が映っている東京のご当地レコードなど、実に350枚以上ものアナログ盤をオールカラーで紹介した、昭和歌謡の風景を巡る散歩コラム集です。

あの頃の東京の、あの風景が好きだった… そんな想い出のある方はゼヒ!

(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、東京ニュース通信社 ニュースリリース より ※3/26付]

雑誌「TVガイド」を発行する株式会社東京ニュース通信社は、「東京レコード散歩 追歩版 昭和歌謡の風景をたずねて」(鈴木啓之/著)を 2021年 3月31日(水)に発行いたします。全国の書店、ネット書店にてご予約いただけます。
 
 【著者プロフィール】
鈴木啓之

アーカイヴァー。昭和40年 東京生まれ。テレビ番組制作会社に勤務の後、中古レコード店経営を経て、ライター及びプロデュース業へ。昭和の歌謡曲、テレビ、映画について雑誌などへの寄稿、CDやDVDの監修・解説を主に手がける。著書に『王様のレコード』(愛育社)、『昭和歌謡レコード大全』(白夜書房) など。
 
 
【商品情報】
「東京レコード散歩 追歩版 昭和歌謡の風景をたずねて」鈴木啓之/著
 
●  発売日: 2021年 3月31日(水) ※一部、発売日が異なる地域がございます
●  定 価: 本体2,000円 +税
●  仕 様: 四六判、ソフトカバー、256ページ
●  発 行: 東京ニュース通信社
●  発 売: 講談社
 
全国の書店、ネット書店
(honto<https://honto.jp/netstore/pd-book_30880658.html> ほか)
にてご予約いただけます。
 
 
【関連サイト】
■東京ニュース通信社が発行する雑誌・書籍・写真集・カレンダーなど各商品の総合情報サイト
TOKYO NEWS magazine & mook <https://zasshi.tv/
 

 


 
■SNSも展開中! フォロー&シェアでゼヒ応援を… よろしくお願いします! 
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*