’72年のパンダブームに誕生「うたうパンダ」もリアルに再現! 古き善き懐かしモノだらけの「昭和ノスタルジック」ミニチュアが登場 !!

おはこんばんちはです。昭和40年男向け「S40ニュース!」をお送りします。

『昭和40年男』本誌の前号、12月号/vol.64では、連載特集『夢、あふれていた俺たちの時代』にて昭和47年 (1972年) をフィーチャー。その中の「カンカン、ランランが上野動物園に来園」という記事で、当時のパンダブームを取り上げました。
この大ブームにあやかろうと当時は様々なパンダグッズが登場しましたが、昭和40年男にもきっと印象に残っているのでは…?というのが、コロムビアから発売された「うたうパンダ」のレコードプレーヤー。

当時はちょうど小学校に上がったタイミング…と考えると、自分で欲しがった人はあまりいなかったかもしれませんが、お店で目にしたり、弟や妹が買ってもらってた、なんて記憶のある方は多いハズ。そんな懐かしの「うたうパンダ」プレーヤーが、リアルなミニチュアになって登場! 今月下旬に発売される「昭和ノスタルジック  MINIATURE COLLECTION」と銘打ったミニフィギュアシリーズのひとつとしてリリースされます。

細部までこだわり、ギミックもホンモノ同様に再現。マイク仕様になっていたパンダの耳は取り外しが可能で、付属のマイクコードで本体とつなげることも可能。付属のシートレコードをのせてトーンアームを動かせば、今にも音が聞こえてきそうな精巧な仕上がりです。

このシリーズは、こちらのニュースでも何度かご紹介している、ケンエレファントさんのミニフィギュアの新シリーズ。昭和の人形・マスコット作家で、少女雑貨・生活用品のコレククターでもある宇山あゆみさんのプロデュ-ス (&解説) により、ピエール・カルダンのグラスセットや、フエルアルバムなど、昭和40年男も「あったわ~!」と絶妙に郷愁をそそられる全6種類のラインナップとなっています。

販売は、カプセルトイ (1個 500円・税込) とブラインドBOX売り (1個 500円+税) の2タイプ。ケンエレファントのオンラインショップでは、12個入りBOXの予約を受付中です。

いよいよ冬本番で寒い日々が続きますが、昭和の懐かしムードにホッと癒されたい…という方は、このミニチュアコレクション、そろえてみてはいかが~?
 
 
▼ケンエレファント/「昭和ノスタルジック  MINIATURE COLLECTION」商品ページhttps://kenelephant.co.jp/gc0145/  
(昭和40/50年男 “Web担当A”)
 
 
[以下、ケンエレファント
 ニュースリリース より抜粋 ※1/7付]

「昭和ノスタルジック  MINIATURE COLLECTION」は、「昭和」をテーマに、あの頃どこの家庭にもあった生活用品を厳選。昭和雑貨コレクターであり、人形・マスコット作家でもある宇山あゆみさんプロデュースのもと、昭和生まれのスタッフたちが一丸となり、触っていると思わず懐かしい時代にタイムトリップしそうな精巧さを実現しました。昭和ミニチュアの決定版ともいえるコレクションです。
 
 
カプセルトイやフィギュアの企画・製造を手がける株式会社ケンエレファント(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:石山健三)は、昭和に大流行した玩具や、当時の多くの家庭で愛用されていた生活用品などをミニチュアフィギュア化した「昭和ノスタルジック  MINIATURE COLLECTION」を、1月下旬から全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、雑貨店、オンラインショップなどで販売します。
また、本日よりケンエレファントのオンラインショップでも12個入りBOXの予約を開始しました。
 
▼「昭和ノスタルジック  MINIATURE COLLECTION」商品ページhttps://kenelephant.co.jp/gc0145/  
 
 
■「昭和」をテーマに、あの頃どこの家庭にもあった懐かしのアイテムを厳選
ケンエレファントでは、今まで培った開発技術を活かし、さまざまな業種のプロダクトを続々とミニチュア化。フィギュアファンや商品自体のユーザーに加え、ブランディング強化を望む企業からもご好評を得ています。
最新作のテーマは、「昭和」。昭和の時代に大ブームとなった玩具や、多くの一般家庭にあった懐かしい生活用品をミニサイズにした「昭和ノスタルジック MINIATURE COLLECTION」をリリースしました。
 
 
■触っている内にノスタルジーが爆発、ギミックも再現した昭和ミニチュアの決定版
「うたうパンダ」や「おきあがりポロンちゃん」、「ピエール・カルダン」ブランドのボーダーグラスなど、全6種。昭和雑貨コレクターであり、人形・マスコット作家でもある宇山あゆみさんのプロデュースのもと、昔なつかしの玩具や生活用品をラインナップしました。
実際の商品の見た目はもちろん、ギミックまで可能な限り忠実に再現。触っていると、懐かしい時代に思わずタイムトリップしそうな精巧さを実現しました。宇山さん書き下ろしの解説書では、各商品の紹介文も掲載しています。
 
 
<宇山あゆみさん プロフィール>
昭和の人形・マスコット作家。懐かしくてカワイイ「昭和メルヘン」をテーマに創作活動をおこない、昭和の少女雑貨・生活用品のコレククターでもある。中でもポーズ人形・フランス人形コレクションは日本一。
各企業とのコラボ商品を手がけ、コレクション本や手芸本などの著書多数。
Twitter: @canariarock
 
 
  
<商品ラインナップ>

■うたうパンダ1972年のパンダブーム時代に誕生したレコードプレイヤー。
実際の商品と同じように音を鳴らすことはできませんが、ギミックは細部にまでこだわって再現しました。左耳はマイク仕様になっていて、付属のマイクコードを使って、画像のように本体とマイクをつなげることができます。そして、忘れてはいけない「シートレコード」も付属。シートレコードをのせて、トーンアームを動かせば、今にも音が流れ出しそうな精巧な仕上がりになっています。
 
サイズ: 約 W4.7 × D3.6 cm
 
 
■グラスセット多くの家庭の食器棚にあった、フランスのファッションデザイナー「ピエール・カルダン」ブランドのカラフルなボーダーグラス。グラスが入っているケースにある、「ピエール・カルダン」のロゴはシルバーのインクで再現しています。5つのグラスはすべて取り出しが可能。出して飾っても、箱に入った状態で飾っても素敵な雰囲気が漂うアイテムです。
 
サイズ: ケース 約 W5.7 × D2.3 cm・グラス 約 W0.9 × D1.8 cm
 
 
■フエルアルバム(赤/青)表紙に赤ちゃんの名前が入れられるので出産祝いにも重宝された、ナカバヤシ株式会社のアルバムです。アルバムは開閉可能。写真台紙部分には光沢を付け、実物のフィルムの雰囲気を再現しました。
 
*フエルアルバムは「赤」「青」のどちらかが入っています。
 
サイズ: 約 W4.4 × D4.5 cm
 
 
■おきあがりポロンちゃんとガラガラ
半世紀以上にわたって赤ちゃんを見守ってきた、ローヤル株式会社の「おきあがりポロンちゃん」を、高さ約5センチのサイズでミニチュアフィギュア化。内部に重りを仕込み、実際の商品と同様にゆらゆら揺れる仕様を再現しました。ガラガラと一緒に組み合わせることで、赤ちゃんの玩具セットとして飾ることができます。

*ポロンちゃん:ガラガラは「赤:ピンク」「黄:水色」のどちらかが入っています。
*本製品のポロンちゃんは、音が鳴らない仕様になっています。

サイズ: ポロンちゃん 約 W2.7 × H5 cm・ガラガラ 約 W0.7 × H2.2 cm
 
 
■トイピアノ(赤/黒)鉄琴のような音色が響くおもちゃのピアノは、手の平サイズながらも、鍵盤の形状など細部までこだわって再現しています。セットのアクセサリーシールは、株式会社デザインフィルのシールをミニチュア化。トイピアノの天面に貼ることで、1970年代風のデコレーションができます。
 
サイズ: 約 W4.9 × H2.6 cm
 
 

<商品仕様>
全6種素材: ABS、PVC、紙、鉄
販売方法: カプセルマシン(カプセルトイ)、ブラインドBOX
販売価格: カプセルトイ/1個 500円(税込)、ブラインドBOX/1個 500円(税抜)

販売場所: 全国のカプセルトイ売場、ホビーショップ、オンラインショップ、ロフト一部店舗、ケンエレスタンド秋葉原店・新橋駅店、上野ランドなど

企画制作・発売元: 株式会社ケンエレファント

*実際の製品とは、仕様が異なることがございますのでご了承ください。
*本商品の対象年齢は15歳以上です。
*商品は中身が見えないブラインド仕様での販売となります。商品を選んで購入することはできません。 
【株式会社ケンエレファントについて】
所在地: 〒101-0064 東京都千代田区神田猿楽町2-1-14 A&Xビル4F
代表者: 代表取締役社長 石山 健三
設立: 2000年2月9日
URL: https://www.kenelephant.co.jp 

‘【お問い合わせ先】
株式会社ケンエレファント
E-Mail: info@kenelephant.co.jp
 

 


 
■SNSも展開中…フォローよろしくお願いします! シェアもゼヒ~!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*