素人ならではの過去最強ミートソース!!

今年の目標を“自分を超える”に設定した。心技体それぞれにおいて、過去最強の自分を作る。とはいえ、体を最強にするのは残酷なほどの加齢によって大変難しいが、部分的には努力できると考えている。たとえば、去年春に出された緊急事態宣言をキッカケにして始めた体幹トレーニングのプランクの時間を伸ばすとか、腕立て伏せの回数とか、そんなことでいいから過去最強を作る。で、この写真となんの関係があるんだ? まあまあ、お付き合いくだされ。

 

僕は大晦日に脳からの仕事抜きを目的にミートソースを作る。たっぷりの材料を使い、お正月だからこそ許されるふんだんの時間を注ぎ込むのだ。毎年大晦日の午後から作業に入り完成は、元旦の夕方を目指す。たとえば今年は、大晦日の昼過ぎから作業を始め、布団に入った午後2時過ぎから初日の出から帰った8時の6時間ほどだけ火を止めたが、それ以外はコンロ最弱の火でじっくりコトコトと煮込んだ。で、じゃあ書き出しとなんの関係があるんだ? まあまあ、お付き合いくだされ。

 

元旦に完成ということは、今年最初の作業ということになる。今年立てた目標どおりに、この作業から自分を超えることにしなければと取り組んだのだ。僕はでっかい寸胴鍋を持っていて、それをおっとっとにしながらトマトを煮詰めていき完成させる。するってえと、ぶち込む材料の量を増やせば増やすほどギッュとうまいソースが作れるはずだと考えたのだ。バカな頭で考えた、これはいいアイデアだ(by キヨシロー)。

 

毎年2.5キロ前後の挽肉に対して、長年の勘を駆使した目分量で玉ねぎやワイン、その他の具材の量を決める。そこにトマト缶を少しずつ加えていき、おっとっとをギュッとさせては、またトマトでおっとっとを繰り返すのだ。毎年、写真のサイズのトマトホール缶を13〜14缶使う。ちょっと面倒な話になってきたが、今回は肉を3キロ超えに設定した。グツグツ、トマト追加、グツグツ、トマト追加を繰り返した結果使用したトマトホール缶はぬぁんと18缶だーっ。去年の13缶を軽々と超えたぜ‼︎

 

元旦夕方に完成したトマトソースは、過去の自分を凌駕した。うまいうまい。濃いソースだから、味付けは塩を少量だけでうまいうまい。昔カメラマンから聞いた話で、富士山は時間の制約があるプロカメラマンよりも、アマチュアの方がいい写真が撮れると聞いたことがある。このミートソースもまさしくそうで、プロはこんなバカげたことはしないのではなかろうか。と、そんなことを考えながら作った過去最強のソースは、冷凍庫の中にびっしりと保管されていて、これよりは度々僕を楽しませてくれるのさっ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*