沢田研二、吉川晃司、大澤誉志幸… ヒット量産50年の音楽プロデューサーが培った “智恵” を伝授… 木崎賢治『プロデュースの基本』発売。あらゆる仕事に応用自在のまるごと役立つ1冊 !


 
※文中敬称略
 
 
(以下、集英社インターナショナル ニュースリリース より抜粋)
 

インターナショナル新書
プロデュースの基本
木﨑賢治(音楽プロデューサー)
 
12月 7日(月)発売
 
定価: 本体 880円 +税
体裁: 新書判/256 ページ
発行: 集英社インターナショナル(発売:集英社)
ISBN: 978-4-7976-8062-1
 
「こんなにまるごと役に立つ本は、ちょっとなかったと思うよ」
「名著と言われている『アイデアのつくり方』をしのぐかもしれない」
糸井重里さん 推薦!


木﨑賢治
(きさきけんじ) プロフィール
 
音楽プロデューサー。1946年、東京都生まれ。東京外国語大学フランス語学科卒業。渡辺音楽出版(株)で、アグネス・チャン、沢田研二、山下久美子、大澤誉志幸、吉川晃司などの制作を手がけ、独立。その後、槇原敬之、トライセラトップス、BUMP OF CHICKEN などのプロデュースをし、数多くのヒット曲を生み出す。(株)ブリッジ代表取締役。
銀色夏生との共著に『ものを作るということ』(角川文庫)がある。

◆意識して逆から見る
◆自分の感性を信じることが大事
◆ストーリーがあると新しい価値が生まれる
◆いい作品は “ふつう” のなかから生まれる
◆仕事相手のプロフィールは気にしない
◆正論で人は動かない
◆状況設定がしっかりしていれば、言葉は自然に出てくる
◆アーティストと作品は寄り添わないことが大事
◆自分が納得できた仕事だけが糧となる
◆強制的にドキドキワクワクする

 
 
【目次より抜粋】
 
第一章 いいなと感じたら、つくってみて、分析して、答えを見つける
・なぜおもしろいのか、理由を分析する
・ひとつの例で法則をつくっていい
 
第二章  「新しいもの」とは新しい組み合わせのこと
・意外な組み合わせがおもしろさを生む
・切羽詰まると見えてくるもの
 
第三章 人と仕事するということ
・いい作品は〝ふつう〞のなかから生まれる
・クリエイティブな人はどんな相手も平等に扱う
 
第四章  ヒットをつくるために僕がしていること
・違うと思ったら逆方向に行ってみる
・今気持ちいいサウンドを分析して、自分の法則に
 
第五章 ライフスタイルからクリエイティブに
・アルファ波が優位になる生活を意識的につくる
・自分がうれしかったことを人にしてあげる

木﨑賢治プロデュース作品年譜

集英社インターナショナル 出版部
https://shueisha-int.co.jp 
 

 


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*