男が惚れる機能美… ゼロハリバートンから早くもiPhone12用ケース発売。伝統のアタッシェケースのデザインを踏襲、頑丈さはお墨付き!

本体の発売にあわせて、サードパーティー製のiPhone12用ケースも早速いろいろ発売されていますが、今回はアルミニウム製のアタッシェケースなどでお馴染みの米国発ラゲッジブランド「ゼロハリバートン」からリリースされたケースをちょろっとご紹介。

ゼロハリバートンの歴史は案外古く、創業は1938年。NASAの依頼で「月面採取標本格納器」を製造し、それを用いて’69年、アポロ11号が月面から「月の石」を持ち帰ったことで世界にその名を轟かせました。ブランドの象徴である「ダブルリブ」のプレスラインが入ったアルミ製ケースは、余分な装飾を排して確かな機能性を主張。まさにスタンダードという輝きを放ち、憧れの対象となっています。
 
筆者としては、NTTドコモが20年ほど前、このゼロハリバートンのデザインをまとった「シグマリオン」というNEC製ハンドヘルドPCをリリースしていたのを妙に覚えていたりするんですが… 意外と、本家では最近になって初めてノートPC用ケースが発売されたようですね。

さてさて、そんなこんなで熱狂的なファンも多いゼロハリバートンから今回発売となったiPhone12対応ケースは、背面型の「Hybrid Shockproof Case」と、開閉式の手帳型「Hybrid Shockproof Flip Case」の2種類。アルミ製ではないですが、いずれもポリカーボネートケースとTPU素材のインナーケースを合わせた二層構造を採用し、米軍軍事規格の衝撃試験をクリア。その頑丈さ、耐久性はお墨付きです。
 
価格は、背面型が4,800円(+税)、手帳型が6,800円(+税)と、意外にお手頃。セロハリバートン直営店および公式オンラインストア (https://store.zerohalliburton.jp/shop/) で発売中です。

ブランドを象徴する、伝統の「ダブルリブ」をあしらったデザイン
▲ポリカーボネートケースとTPU素材のインナーケースを合わせた、耐衝撃性の高い二重構造を採用
▲こちらは手帳型。マグネット式でスムーズな開閉が可能
▲手帳型はカバーの内側にカードポケットを1段装備。ICカードの収納に適しています
▲カラーリングは、シルバー、ブラック、ブルーの3色展開

(以下、ニュースリリース より抜粋 ※10/23付)

米国プレミアムラゲージブランド「ゼロハリバートン」は、新型iPhone12対応ケースを2020年10月23日(金)に直営店およびブランド公式オンラインストアにて発売します。

 ブランドの象徴である、ダブルリブのプレスラインが際立つデザインが印象的なiPhoneケースに、新型iPhone12対応モデルが登場。ポリカーボネートケースとTPU素材のインナーケースを合わせた二層構造で、米軍軍事規格の衝撃試験MIL-STD-810G Method 516.6を取得。(第三者機関による試験実施) 落下テストをクリアした、頑丈で衝撃に強く耐久性に優れ、背面型と手帳型の2種類を展開します。
 「持つ人の大切な荷物を守り、持つ人に所有する喜びを与える」というブランドフィロソフィーを体現した、ゼロハリバートンのiPhoneケースです。
 
  
■商品情報

〔ZERO HALLIBURTON Hybrid Shockproof Case for iPhone 12〕
*背面型
対応機種: iPhone12(6.1inch)、iPhone mini(5.4inch)
カラー: ブラック/シルバー/ブルー
価格: ¥4,800(税込み¥5,280)
発売日: 2020年10月23日
 
〔 ZERO HALLIBURTON Hybrid Shockproof Flip Case for iPhone 12 〕*手帳型
対応機種: iPhone12(6.1inch)、iPhone mini(5.4inch)
カラー: ブラック/シルバー/ブルー
価格: ¥6,800(税込み¥7,480)
発売日: 2020年10月23日
 
 
【ゼロハリバートン公式オンラインストア 販売ページ】
https://store.zerohalliburton.jp/shop/c/ciphone/
(予約受付中)
 
 
■取り扱い店
ゼロハリバートン 直営店(丸の内、GINZA-SIX、横浜ランドマークタワー、ハービス大阪)
ゼロハリバートン公式オンラインストア( https://store.zerohalliburton.jp/shop/ )
 
■ゼロハリバートンとは
「ゼロハリバートン」は1938年創業の、徹底した機能へのこだわりと、時をこえても変わらないスタイルが魅力の米国発のトータルラゲージブランドです。NASAの依頼によりアポロ11号用「月面採取標本格納器」を製造し、1969年に月面より月の石を持ち帰ったエピソードで一躍その名が世界に知られるようになりました。ブランドの象徴であるアルミニウムケースが備えるその確かな機能性と優雅なフォルムは、世界中の熱狂的な支持者から愛されています。
 

 

 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*