【S50ニュース!】『キャプテン翼』を表紙に高橋陽一先生インタビュー掲載! ありがとう創刊1周年!の『昭和50年男』11月号/vol.007はスポーツなんでも大特集で今日発売で~す♪

おはこんばんちはです。昭和40/50年男(仮)です。
1975年生まれの昭和50年男世代=40代向け…「S50ニュース!」をお届けします。
 
ドンドンヒャララ~ドンヒャララ~♪
『昭和50年男』は… 今日、発売で~す♪
 
…と、とにかくしつこく『週刊新〇』CM風を貫いておりますが、
ハイ、おかげさまで本日、創刊1周年となる2020年11月号/vol.007 
「オレたちがハートを燃やしたSports」特集号の発売日を迎えました!

わ~、めでたい! パチパチパチ~ …って送り手側がオノレでお祝いしちゃうのもアレなんですが、例によってTwitterなど拝見しておりますと、さっそくお買い上げの写真とともに「1周年おめでとう!」と投稿していただいている方もいらっしゃったりして… ありがとうございます! これも読者の皆サマの応援のおかげ… 引き続きスタッフ一同ガンバって参りますので、どうか今後とも末永く、よろしくお願いします!
 
 
さて、最新号発売の際は、ちょこちょこと誌面ちょい見せをしておりますが、今回は早速いっちゃいましょう。昭和50年男にとってのスポーツ特集となれば、やっぱりまずはコレ!ということで、今号の表紙は『キャプテン翼』となったワケですが、特集本編でも作者の高橋陽一先生のインタビューを掲載しております!


特集/オレたちがハートを燃やしたSports
<CHAPTER 4 バーチャルシーン
高橋陽一 インタビュー
キャプテン翼 がサッカー界にもたらしたもの
 
1980年代、『キャプテン翼』の人気がサッカー人口を押し上げたのはまぎれもない事実。翼に憧れた少年たちは後に発足するJリーグを盛り上げ、世界の舞台へとはばたいていった。日本のみならず世界のサッカー界に大いなる影響を及ぼした作者・高橋陽一先生に、本作に賭けた想いをうかがった。
 

 

高橋先生自身、小学生時代はプロ野球選手になるのが夢で、高校でも野球をしていたそうですが、高校3年の時にたまたまテレビでサッカーW杯アルゼンチン大会の試合を観て「サッカーってこんなに自由でおもしろいスポーツなのか!」と驚いたのだとか。それをきっかけにのめりこんで「いつかサッカーマンガを描きたい」という想いを抱くようになり、それが結実したのが『キャプテン翼』だったのです。
 
1981年の連載開始当初は、スポーツの花形といえば野球の一人勝ち状態で、サッカーの細かなルールを知っている人もまだまだ少ない時代。読者も『キャプテン翼』によって徐々にルールを覚え、サッカーのおもしろさや見どころをつかんでいったんですよね。体育の授業でサッカーをやることはあっても、当時はサッカー部以外オフサイドとか全然わかってなくて、ガラスのエース・三杉 淳がオフサイドトラップを仕掛ける展開で、初めて理解できた人も多かったんじゃないでしょうか?(笑)
 
また、高橋先生がサッカーにハマったきっかけがW杯だっただけに、身近な小学生時代から物語がスタートしながらも主人公・翼は冒頭から「世界を目指す」と豪語! 全国大会に優勝したらブラジルへ行く!とか、そうした世界を視野に入れたスケールの大きさも夢ふくらむ魅力がありました。実際、『キャプテン翼』に憧れた少年たちのなかから、世界で活躍する選手が登場し、悲願のW杯出場も実現したわけで、その影響力はまさに世界レベルで絶大ですよね。
 
現在も『キャプテン翼 ライジングサン』を『グランドジャンプ増刊・キャプテン翼マガジン』で連載中の高橋陽一先生。尽きることのないサッカーやスポーツに対する想いを語ってくれた今回のインタビューは、翼ファン、サッカーファンはもちろん、昭和50年男世代必見です!
 
 
…といったワケで、日本のアスリートも世界へ進出していった時代、そんな “昭和50年男にとってのスポーツ” をアレコレ追及してみた今回の総力特集「オレたちがハートを燃やしたSports」、ぜひお手に取ってご覧ください!
 
ご近所の書店・コンビニに置いてないよ~という方は、目次&記事サンプルが『昭和50年男』の公式ページニュースリリース で公開中なのでドーゾ。Facebook【昭和50年男 vol.007 誌面紹介】アルバムでは、より多くのページサンプルも公開しておりますので、アカウントをお持ちでしたらそちらもチェック!
 
バックナンバー含め何冊でも送料無料でご購入いただける クレタオンラインショップ も、ゼヒご利用ください~。

 

 

(以下、ニュースリリース より抜粋) 


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*