明日はアンヌ隊員と一緒に『ウルトラセブン』を観よう! ひし美ゆり子さんのツイキャス「生配信!ゆり子の部屋」第2弾 10/4(日)14時スタート。プレゼントや二次会ゲストもアリ!?

 

ゲストには『ウルトラセブン』全49話のうち12話を担当した満田かずほ(※)氏が登場。最終回「史上最大の侵略」も手掛け、“アンヌ隊員の育ての親” とも言われる名監督です。そして今回の上映作品は、満田監督のリクエストを受けての第42話「ノンマルトの使者」。いわく「脚本の金城哲夫のことなど、まだまだ話したいことがいっぱいあるんだ」ということで、未だ語られてこなかった秘話も飛び出すかも…? 傑作と名高いエピソードを、ひし美さんと満田監督の “生解説” 付きで楽しめる、まさに絶好の機会です!
 
 
さて、配信の進行役は、『昭和40年男』本誌でも特撮やファッション関係の記事を担当してくれている、昭和40年生まれ・タメ年ライターの友井健人氏。いよいよ明日の開催ということで直前情報(?)などないかお尋ねしてみると…?「二次会もあります!」とのこと。
 
メイン配信が終わった後、約1時間の休憩をはさんだ17時30分頃から “お楽しみ二次会” の配信がスタート。視聴者の皆さんからのコメントや質問なども織り交ぜてのフリートーク、加えて、ひし美さん仲良しのシークレットゲストも登場するとか!? こちらの二次会も追加料金ナシ、メインのチケットのみで、どなたでも参加できるそうですよ~。コレはお得!

さらに友井さんからの情報として、“サイングッズ抽選プレゼント” の賞品画像も到着!

参加すれば、こんなグッズが “サイン入り” で当たる…かも? ということで、明日、日曜の午後は「配信!ゆり子の部屋」へ集合! とにかくアンヌファン、セブンファンは必見ですョ。
 
ツイキャス配信チケットはまさにスペシャルプライスな 1800円(税込)。しかも、生配信後2週間はいつでも何度でも視聴可能なアーカイブ配信もアリ、ということなので、リアルタイムで観られない~という方もゼヒ!
 
ツイキャスチケット販売ページ
https://twitcasting.tv/c:anneinfinity/shopcart/25560
 
 
(以下、ニュースリリース より)

【配信企画・プロデュース:ひし美ゆり子 コメント】

(c) 円谷プロ

「私が出演した『ウルトラセブン』は1967年10月1日に放送が始まりました。あれから53年。毎年、秋になると “今の時期に『セブン』が始まったんだわ” と懐かしく思い出します。今では親・子・孫の三世代で『セブン』を見てくださる方もいてくださって、時の流れを感じます。現在は大勢で集まるイベントが難しいですが、皆さんと祝・『ウルトラセブン』放送開始53年で盛り上がりたくて、第一話の 初放送と同じ10月第一週の日曜日、おうちで見られる生配信イベントを企画しました。ゲストはアンヌ隊員の育ての親の満田かずほ監督。上映希望作品をお尋ねすると、開口一番 “「ノンマルトの使者」は 、脚本の金城哲夫のことなど、まだまだ話したいことがいっぱいあるんだ!!” と元気に出演を快諾してくださったのです。監督とファンの皆さんと『ウルトラセブン』「ノンマルトの使者」を見られるのはとっても幸せ。 ファミリーでもご覧くださいね。楽しみにしています!」

『ウルトラセブン』について

(c) 円谷プロ

1967~68年放送。M78星雲から来たウルトラセブンと、侵略者から地球を守るウルトラ警備隊の活躍を描く。ハードSFタッチでメッセージ性を感じる ストーリー、魅力的なキャラクター、未来的な世界観とメカデザインで、特撮ドラマ史に残る傑作。9月29日から毎週、NHK-BS4Kで『ウルトラセブン 4Kリマスター版』が放送されるなど、日本の映像コンテンツ全体でも別格の存在感を誇っている。(本配信での作品上映は4K版ではありません)。
 

上映作品 第42話「ノンマルトの使者」

ダンとアンヌがバカンスで訪れた浜に現れた不思議な少年・真市は、人間が海底開発を続けると「大変なことが起こる」と警告するのだった。真市が地球の先住民族と話す“ノンマルト”とは? 地球人とノンマルトの謎 。少年が吹くオカリナの切ないメロディ。何度見ても衝撃と余韻が止まらない名作。

「ノンマルトの使者」 (c) 円谷プロ

 
【配信概要】

「生配信!ゆり子の部屋 『ノンマルトの使者 』 スペシャル 」
主催: ひし美ゆり子
協力: 円谷プロダクション
生配信日時: 10月4日(日)14時スタート、16時30分ごろ終了予定

★生で見られない方も大丈夫!
あとからアーカイブで見逃し視聴できます!

【出演】
ひし美ゆり子(『ウルトラセブン』友里アンヌ隊員役)
満田かずほ(『ウルトラ セブン 』監督)
進行:友井健人(ライター、編集。『ウルトラセブン研究読本』『アンヌ今昔物語』『特撮秘宝』他)

イベント内容
・監督とヒロインのトーク
・作品配信上映と生解説
・お宝も当たる抽選プレゼント
・何かが起こる!サプライズ
・コメント機能を利用した質問コーナー 他
 
【チケット】
1,800円(税込)
※当日のご都合がわからない方も、チケットを購入すれば、リアルタイム視聴はもちろん、生配信後2週間はアーカイブでいつでも何度でも見逃し視聴できます。
 
ツイキャスチケット販売ページ
https://twitcasting.tv/c:anneinfinity/shopcart/25560

【関連リンク】
・ひし美ゆり子公式ツイッター
 https://twitter.com/anneinfinity?lang=ja
・ひし美ゆり子公式ブログ
 https://blog.goo.ne.jp/anneinfi/
 

●出演者プロフィール

(右)ひし美ゆり子/(左)満田かずほ


ひし美ゆり子 / ひしみゆりこ

1947年6月10日東京都生まれ。65年、東宝主催「ミス東京セニョリータ」の準ミスに選ばれたことをきっかけに東宝ニューフェイスに。66年に映画『パンチ野郎』でデビュー。67年『ウルトラセブン』にウルトラ警備隊の友里アンヌ隊員でレギュラー出演し代表作となる。
 
満田かずほ(※)/ みつたかずほ
1937年8月20日、長崎県生まれ。66年放送の『ウルトラQ』「宇宙指令 M774」で監督デビューし、『ウルトラマン』『ウルトラセブン』で数々の名エピソードを送り出す。『ウルトラセブン』は、全49本中の12本を手掛け、モロボシ・ダンと友里アンヌの運命が切ない感動の最終回「史上最大の侵略」(前編・後編)も監督した。
 
(※「かずほ」は禾に斉が正しい表記)
 

(c) 円谷プロ

『ウルトラセブン』最終回(第49話)「史上最大の侵略 後編」撮影現場での満田かずほ監督とひし美ゆり子。ダンとアンヌのクライマックスの演出に熱が入る。
 

「ノンマルトの使者」シナリオを書いた名脚本家・金城哲夫氏の実家「松風苑」に保存されてい
る書斎「金城哲夫資料館」を訪れたひし美ゆり子。金城氏について「私にはサービス精神が旺盛
で明るい方というイメージが強い人です。酔っぱらっておどけて電柱に登ったり(笑)結構目立
ちたがり屋さんだったかな」と回想する。右は『ウルトラマン』でウルトラマン役を、『ウルトラセブン』でアマギ隊員役を務めた古谷 敏氏。
 

(c) 円谷プロ


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*