【昭和50年男】本日9/13でスーパーマリオはジャスト35周年! 11/13に「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」発売…記念てことで過去のマリオものG&Wを振り返ってみた!!

おはこんばんちはです。昭和40/50年男(仮)です。
 
1975年生まれの昭和50年男世代=40代向け「S50ニュース!」…てな感じでいつもはお届けするところ、今回は目先を変えてちょっとスペシャル的?にお送りしたいと思います。
 
ファミコンブーム直撃、ど真ん中世代の昭和50年男にとっては、まさに心の原風景とも言える『スーパーマリオブラザーズ』。その発売は1985年9月13日…ちょうど35年前の今日だったんですね~。Twitterでも、任天堂&スーパーマリオ35周年のアカウントがそれについてツイートしていました。
 
https://twitter.com/Nintendo/status/1304799667465510912
https://twitter.com/supermario35th/status/1304799108109008896
 
 
ちなみに『昭和50年男』本誌でも、vol.002の「オレたちのヒーロー」特集の中で、“マリオもオレたち世代のヒーローだよね” ってなことで『スーパーマリオブラザーズ』については取り上げています。ファミコンブーム、テレビゲームブームをけん引したスーパーマリオはとにかく大人気、関連商品やグッズも山ほど出てましたよね~と、昭和50年度生まれでタメ年男の任天堂研究家&ライター、山崎 功氏が自身のコレクションをアレコレ紹介。考えてみれば不思議な “おじさんキャラ” として登場しながら、シリーズを重ねるごとに時代のヒーロー、日本を代表するヒーローキャラとなっていったマリオの功績を称えたのでした。
▲『昭和50年男』2020年1月号/vol.002 特集「オレたちのヒーロー」より「すごいぜ スーパーマリオ!」
 
 
さてさて、祝・35周年!ということで、星野 源をフィーチャーしたテレビCMもバンバン流れておりますが、35周年の展開として任天堂から発表された諸々の中でも、筆者のようなレトロゲーム好きには、やっぱり「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」(SM-35) がシビレましたね~。発売は11月13日(金)ということでちょっと先でしたが、さっそく予約された方々も多いことでしょう。
▲久々登場の「ゲーム&ウオッチ」、35周年記念の「スーパーマリオブラザーズ」。型番は「SM-35」!! 
▲パッケージは「ワイドスクリーン」風をベースに、スーパーマリオのドット絵の意匠もプラス

 
パッケージについては、スーパーマリオ35周年なんだから初期ゲーム&ウオッチよりもファミコンソフトのポップなイメージに寄せた方がよかったのでは…なんて意見も聞きましたが、筆者は昭和50年男よりもちょいと上でS45世代寄り、むしろプレファミコン時代を愛するゲームジジイなもんで「ワイドスクリーン」風のこのデザイン、いいじゃン! と思いました。
 

ファン垂涎のアイテムですよね! もちろん即予約しましたよ。欲を言えば、ファミコン版がプレイできるだけでなく、ゲーム&ウオッチ風のスーパーマリオも入っていたらよかったな、と思いました。ファミコン版の動きや音がゲーム&ウオッチになったらどうなるのか…って興味深いですよね。と言うのも、実はゲーム&ウォッチでスーパーマリオというのは今回が初ではなくて、昔、海外版として出てたんですよね。今もう一度ゲーム&ウォッチにしたらどんなアレンジになるか見てみたかったです。ちなみに、昔の方もファミコンとはまた違った感覚のゲームになっていて楽しいので、機会があれば読者の皆さんにも遊んでみてほしいですね」
 
ふむふむ、なるほど…。さすがゲーム&ウオッチもコンプリートで持っている人は、ちょっと視点も違ってくる感じですね~。これまたちなみに、山崎氏にはアニキ誌『昭和40年男』にてファミコン登場前の電子ゲームを実物大で紹介する「デジとの遭遇」を連載してもらってるんですが、そのスタート前のゲーム特集でもゲーム&ウオッチの記事を担当してもらいました。

▲『昭和40年男』2017年8月号/vol.44 特集「俺たちのゲーム体験」より「任天堂 ゲーム&ウオッチ」
 
こちらは『昭和40年男』の記事だったこともあり、「シルバー」「ゴールド」「ワイドスクリーン」など、あくまでファミコン登場前の初期ラインナップが中心。おそらく最大のヒット作、’82年6月発売の「マルチスクリーン ドンキーコング」などは一応掲載しているものの、コンプリートでは紹介しておりません。実はゲーム&ウオッチは ’80年代後半になっても海外では発売され、全60種以上を数えるラインナップになっていたんですよね。
 
というワケで、お待たせしました。せっかくスーパーマリオのゲーム&ウオッチが出るならば、ということで、そこにつながる歴史をたどるべく… 過去に発売された、マリオがらみのゲーム&ウオッチをザザッとご紹介しましょう。コレクション&写真の提供は、もちろん山崎氏であります。感謝!




そして日本ではその翌年、 ’87年にディスクシステム用ソフト『ファミコングランプリ F1レース』のキャンペーン商品として初登場。それが「ディスくん」型ケース入りの黄色い本体のバージョン(YM-901) で、欲しかった~!という人も多いのでは? 上の写真のニューワイド版は、後に賞品版のガワ違いとしてリリースされたというワケ。…ちょっとややこしかったかな?(笑) いずれ山崎さんにお願いして賞品版の方もあらためてご紹介できれば~と思います。

おっと、肝心のゲーム内容の方は、本家ファミコン版に似せた一応の横スクロールもの。強制スクロールのステージに押し潰されないように、できるだけ先を目指します。床や壁のパターンがマトリクス化されていてパッと見はどうしても地味ですが、山崎さんもオススメのとおり、なかなか楽しめまス。


ゲーム&ウオッチの第1弾は、’80年4月に発売された「ボール」(AC-01)。それをリスペクトしてか、今度発売される「ゲーム&ウオッチ スーパーマリオブラザーズ」(SM-35) には、“マリオで遊ぶ”「ボール」も収録されているんですが、実は同様のマリオ版「ボール」というべきゲーム&ウオッチが海外では ’91年にリリースされていたのでした。`90年代に入ってからもゲーム&ウオッチはまだ現役で続いていた!という事実に驚きますが、その後、日本国内でも海外版のゲーム&ウオッチが秋葉原や一部の家電量販店などで新旧やたらと出回るようになった時期がありまして、その頃に筆者もこの価格も確か1,000~2,000円ぐらい?とだいぶ安かったので、今思うともっと無理してでもたくさん買っておけばよかったナ~とちょっと後悔…(笑)。
 


 
…といったところで、今回は以上! でした。

なんだかやけに長々としてしまいましたが、お楽しみいただけましたでしょうか? せっかくなので、ゲーム&ウオッチやスーパーマリオに関する読者の皆々サマの想い出も寄せていただけるとうれしいです。これは!というものがあれば、こちらのブログ記事でもゼヒご紹介できればと思いますので、ドシドシよろしくお願いします!
 


 
■SNSも展開中! フォローよろしくお願いします!
 
『昭和40年男』
 Facebook https://www.facebook.com/crete.s40otoko
 Twitter     @s40otoko https://twitter.com/s40otoko
 
『昭和50年男』
 Twitter     @s50otoko https://twitter.com/s50otoko

最初のコメントをしてみませんか?

お気軽にコメントをどうぞ

メールアドレスは入力しても公開されることはありませんのでご安心下さい。


*